共同建築設計事務所
kyodo architects&associates
一般病院 精神科病院 保健・福祉 集合住宅 診療所 住宅 その他
#
大腸肛門病センター高野病院
2017.07
#
山梨市立産婦人科医院
2017.03
#
中頭病院
2016.07
#
日新会病院
2016.06
#
黒沢病院
2014.06
#
本山リハビリテーション病院
2013.06
#
多治見市民病院
2013.05
#
川久保病院
2013.03
#
加納岩総合病院
2012.04
#
さぬき市民病院
2011.12
#
栗橋病院地域医療センター
2011.12
#
新京都南病院
2011.11
#
岐阜県立多治見病院
2010.02
#
さいたま市民医療センター
2008.12
#
三井病院
2007.11
#
千里リハビリテーション病院
2007.10
#
博愛会病院
2007.04
#
公立松任石川中央病院
2007.03
#
城西病院
2004.12
#
市立砺波総合病院
2004.09
#
愛知厚生連 海南病院
2002.12
#
小名浜生協病院
せいきょうクリニック

2002.04
#
国際医療福祉病院
2002.01
#
永寿総合病院
2001.12
#
愛知厚生連 渥美病院
2000.05
#
金沢社会保険病院
1999.12
#
諏訪中央病院
1998.06
#
稲城市立病院
1998.03
#
宮地病院
1997.03
#
大牟田市立総合病院
1995.01
#
西神戸医療センター
1994.03
#
いわてリハビリテーション
センター

1993.06

川久保病院

 JR盛岡駅の南東約4km、ロードサイドショップが建ち並ぶ、国道4号線沿いに立地し、東方に北上川、北方に岩手山を望む病院の増築と改修です。
 敷地内には9年前に建替えた病院棟と、同時期にデイサービス・短期入所の介護施設に用途変更した在宅総合センター棟があり、先年の震災では軽微な被害を受けましたが、介護と連携のとれた医療サービスを提供しています。
 今回の増築は、MR装置の導入、リハビリスペースの拡充、医局など管理・診療機能の向上を図ることを主眼に、介護部門のリフレッシュ改修と併せて、より地域に密着したサービスと、その質の向上・展開を図る計画です。
 増築部は、既存の病院棟と在宅総合棟双方との連絡および将来の展開を考慮して、両棟の狭間の空地に嵌め込み、それぞれの個別性を残しながら、一体感のあるファサードを形成しました。
 設計段階では、病院各部と密にヒアリングを行い、患者に優しく、職員に使いやすい施設空間を目標に、震災復旧需要による労務不足と工事費の上昇にも留意しながら、各部を構成しました。
 工事は診療を継続しながらの作業で、建物越しに200tクレーンで鉄骨を組立て、既存躯体や設備との取合い調整など、神経を使う場面も数多くありましたが、病院各位のご理解・ご協力と工事関係者の尽力により、無事予定通り完成させることが出来ました。
 今後も、これまで培ってこられた地域とのつながりを活かして、利用者の様々なニーズを汲み取り、医療と介護のシームレスなサービスが継続的かつ発展的に提供されることを願っています。

(m.kusaka)

所在地 岩手県盛岡市
構造規模 鉄骨造 地上5階
延床面積 1,259㎡(増築部分)
3,358㎡(改修部分)
病床数 120床
竣工 2013.03
写真撮影 清水建設・m.kusaka

設計監理 / 共同建築設計事務所

copyright [サイトポリシー]