共同建築設計事務所
kyodo architects&associates
一般病院 精神科病院 保健・福祉 集合住宅 診療所 住宅 その他
#
大腸肛門病センター高野病院
2017.07
#
山梨市立産婦人科医院
2017.03
#
中頭病院
2016.07
#
日新会病院
2016.06
#
黒沢病院
2014.06
#
本山リハビリテーション病院
2013.06
#
多治見市民病院
2013.05
#
川久保病院
2013.03
#
加納岩総合病院
2012.04
#
さぬき市民病院
2011.12
#
栗橋病院地域医療センター
2011.12
#
新京都南病院
2011.11
#
岐阜県立多治見病院
2010.02
#
さいたま市民医療センター
2008.12
#
三井病院
2007.11
#
千里リハビリテーション病院
2007.10
#
博愛会病院
2007.04
#
公立松任石川中央病院
2007.03
#
城西病院
2004.12
#
市立砺波総合病院
2004.09
#
愛知厚生連 海南病院
2002.12
#
小名浜生協病院
せいきょうクリニック

2002.04
#
国際医療福祉病院
2002.01
#
永寿総合病院
2001.12
#
愛知厚生連 渥美病院
2000.05
#
金沢社会保険病院
1999.12
#
諏訪中央病院
1998.06
#
稲城市立病院
1998.03
#
宮地病院
1997.03
#
大牟田市立総合病院
1995.01
#
西神戸医療センター
1994.03
#
いわてリハビリテーション
センター

1993.06

大牟田市立総合病院

■配置計画
東西の敷地の高低差を利用して外来動線とサービス動線の分離を図るとともに、地階も土中にあることを感じさせない環境とすることができた。
■近隣への配慮
住宅地に立地する点に配慮し、外来棟を分棟化するとともに高層部の外壁を軽快かつ細やかな要素で分節化することにより、圧迫感を和らげる構成とした。
■外来の分棟化
病棟本体と切り離す形で分棟化し、小規模なブロックが集積する構成とした。分かりやすさと家庭的なスケールで落ち着いた空間を作り出している。中間部に設けた中庭(パティオ)は、患者に憩いの場を与えるとともに、ホスピタルコンサート等イベントの場としても活用されている。
■三角形病棟
看護拠点の分散化という命題に応える三角形平面が特徴。多室床の個別性を大切にするとともに、分散便所の採用等、療養環境の向上に配慮した。
(t.koga)


医療福祉建築賞1996/(社)日本医療福祉建築協会

所在地 福岡県大牟田市
構造規模 鉄筋コンクリート造 地上7階 塔屋1階
延床面積 24,249㎡
病床数 400床
竣工 1995.01
写真撮影 門馬金昭写真事務所

設計監理 / 共同建築設計事務所

copyright [サイトポリシー]