共同建築設計事務所
kyodo architects&associates
一般病院 精神科病院 保健・福祉 集合住宅 診療所 住宅 その他
#
大腸肛門病センター高野病院
2017.07
#
山梨市立産婦人科医院
2017.03
#
中頭病院
2016.07
#
日新会病院
2016.06
#
黒沢病院
2014.06
#
本山リハビリテーション病院
2013.06
#
多治見市民病院
2013.05
#
川久保病院
2013.03
#
加納岩総合病院
2012.04
#
さぬき市民病院
2011.12
#
栗橋病院地域医療センター
2011.12
#
新京都南病院
2011.11
#
岐阜県立多治見病院
2010.02
#
さいたま市民医療センター
2008.12
#
三井病院
2007.11
#
千里リハビリテーション病院
2007.10
#
博愛会病院
2007.04
#
城西病院
2004.12
#
市立砺波総合病院
2004.09
#
愛知厚生連 海南病院
2002.12
#
小名浜生協病院
せいきょうクリニック

2002.04
#
国際医療福祉大学病院
2002.01
#
永寿総合病院
2001.12
#
愛知厚生連 渥美病院
2000.05
#
金沢病院
1999.12
#
稲城市立病院
1998.03
#
宮地病院
1997.03
#
大牟田市立病院
1995.01
#
神戸市立西神戸医療センター
1994.03
#
いわてリハビリテーション
センター

1993.06
#
公立松任石川中央病院
1989.02
#
諏訪中央病院
1986.06

稲城市立病院

 既存病院を使いながらの工事計画であったため、 建設可能余地は300床規模の新病院を建設するには少々狭隘にすぎる、という敷地条件でした。そこで、同一の面積でも建物周長を相対的に長く確保できる三角形を、病棟平面のベースとなる形態として採用しました。加えて、病室をアコーディオンのように重ね合せるという手法(4床室と2床室の重ね合せ、個室の重ね合せ)を取り入れることで、究極にまで看護動線が短縮された病棟が実現しています。
 免震構造を採用した我が国初の医療施設です。
(h.kawashima)

[建築計画上の要点(PDF)]

Award
・医療福祉建築賞1999/(社)日本医療福祉建築協会
・日本免震構造協会作品賞(2001)/(社)日本免震構造協会

掲載誌
・会誌 『全国自治体病院協議会誌』(1999.2)
・会誌 『病院建築』 No.122(1999.1)
・会誌 『MENSHIN』(1997.5)
・書籍 『建築設計資料 72病院』(1999.9)
・雑誌 『UNIVERSAL DESIGN』(1999.3)
・雑誌 『病院』 Vol.58 No.2(1999.2)
・雑誌 『日経ヘルスケア』(1996.1)

建築主 稲城市
所在地 東京都稲城市
構造規模 鉄筋コンクリート造 免震構造 
地下1階 地上6階 塔屋1階
延床面積 18,518㎡
病床数 290床
竣工 1998.03
写真撮影 三輪晃久写真研究所

設計監理 / 共同建築設計事務所

copyright [サイトポリシー]