共同建築設計事務所
kyodo architects&associates
一般病院 精神科病院 保健・福祉 集合住宅 診療所 住宅 その他
#
千里リハビリテーション病院Ⅱ期
2017.09
#
大腸肛門病センター高野病院
2017.07
#
山梨市立産婦人科医院
2017.03
#
中頭病院
2016.07
#
日新会病院
2016.06
#
黒沢病院
2014.06
#
本山リハビリテーション病院
2013.06
#
多治見市民病院
2013.05
#
川久保病院
2013.03
#
加納岩総合病院
2012.04
#
さぬき市民病院
2011.12
#
栗橋病院地域医療センター
2011.12
#
新京都南病院
2011.11
#
岐阜県立多治見病院
2010.02
#
さいたま市民医療センター
2008.12
#
三井病院
2007.11
#
千里リハビリテーション病院
2007.10
#
博愛会病院
2007.04
#
城西病院
2004.12
#
市立砺波総合病院
2004.09
#
愛知厚生連 海南病院
2002.12
#
小名浜生協病院
せいきょうクリニック

2002.04
#
国際医療福祉大学病院
2002.01
#
永寿総合病院
2001.12
#
愛知厚生連 渥美病院
2000.05
#
金沢病院
1999.12
#
稲城市立病院
1998.03
#
宮地病院
1997.03
#
大牟田市立病院
1995.01
#
神戸市立西神戸医療センター
1994.03
#
いわてリハビリテーション
センター

1993.06
#
公立松任石川中央病院
1989.02
#
諏訪中央病院
1986.06

諏訪中央病院

 この病院は1986年現在地に移転新築(以下;1期棟)され'98年分院の病床数を本院に集約することを含め増床することを機に増改築(以下;2期棟)された。従来から地域医療に熱心に取り組んできた病院であるが、その間の10年余の間に特養護老人ホ-ム、老人保険施設が併設され、高齢者医療福祉の分野でも展開が図られてきていた。増改築に際して、健診センタ-の整備、地域リハや周産期センタ-の整備に加え、「日本一小さな」6床の緩和ケア病棟が設置され、在宅医療と連携した終末期医療にも取り組むことになり、一層地域の医療ニ-ドに対応した医療・保健・福祉のセンタ-としてその役割を充実させている。
 1期棟は、堂塔基壇型で地階~2階が病棟以外の部門、3,4階が病棟という構成である。2期棟では、従来の病院の基本的な部門構成を変えることなく拡張整備を図ることとし、病棟を含む主増築棟の他各所で小規模増築を行った。病院の成長は、新たな機能の付加もさることながら機能の拡大を伴うことから必然的な対応といえよう。ベッド数、床面積とも当初の約1.8倍と、増改築という響き以上に、病院の再生というべき計画である。
 移転新築された病院は、第1回病院建築賞(現;医療福祉建築賞)を受賞しており、その際評価された新しい試みのひとつ;「ナ-スコ-ナ-」(=看護拠点の分散化)が看護活動の中で定着しており、その発展形としてスタッフステ-ションを中心としてふたつのナ-スコ-ナ-が連結するような形態、すなわち分散と相互連携を図る形で発展的に踏襲することとした。
 敷地は、東に八ヶ岳・蓼科、南に中央アルプスを望む風光明媚な環境に恵まれている利点を生かし、病室等からの眺望を享受できるよう配慮とするとともに、屋上を利用した展望テラスを設け、雄大なパノラマを楽しむ憩いの場が患者や家族に潤いを与えている。(t.koga)

Award
・医療福祉建築賞1991【旧称:1991年(第1回)病院建築賞】/日本医療福祉建築協会
・第20回SDA賞(1986)/日本サインデザイン協会

掲載誌
・会誌 『MMRC』 臨時増刊号(1999.10)
・会誌 『病院建築』 No.72(1986・夏)
・雑誌 『病院』 増刊号 Vol.50 No.12(1991)
・雑誌 『病院』 Vol.45 No.11(1986.11)
・雑誌 『病院設備』 Vol.30 No.2(1987)
・雑誌 『建築画報』 Vol.23 特集・病院建築

建築主 諏訪中央病院組合
所在地 長野県茅野市
構造規模 鉄筋コンクリート造 地下1階 地上5階
延床面積 26,433㎡(うち増改築9,530㎡)
病床数 366床
竣工 移転新築1986.3 増改築1998.6
写真撮影 写真映像サービスセンター/門馬金昭写真事務所

copyright [サイトポリシー]