共同建築設計事務所
kyodo architects&associates
一般病院 精神科病院 保健・福祉 集合住宅 診療所 住宅 その他
#
大腸肛門病センター高野病院
2017.07
#
山梨市立産婦人科医院
2017.03
#
中頭病院
2016.07
#
日新会病院
2016.06
#
黒沢病院
2014.06
#
本山リハビリテーション病院
2013.06
#
多治見市民病院
2013.05
#
川久保病院
2013.03
#
加納岩総合病院
2012.04
#
さぬき市民病院
2011.12
#
栗橋病院地域医療センター
2011.12
#
新京都南病院
2011.11
#
岐阜県立多治見病院
2010.02
#
さいたま市民医療センター
2008.12
#
三井病院
2007.11
#
千里リハビリテーション病院
2007.10
#
博愛会病院
2007.04
#
公立松任石川中央病院
2007.03
#
城西病院
2004.12
#
市立砺波総合病院
2004.09
#
愛知厚生連 海南病院
2002.12
#
小名浜生協病院
せいきょうクリニック

2002.04
#
国際医療福祉病院
2002.01
#
永寿総合病院
2001.12
#
愛知厚生連 渥美病院
2000.05
#
金沢社会保険病院
1999.12
#
諏訪中央病院
1998.06
#
稲城市立病院
1998.03
#
宮地病院
1997.03
#
大牟田市立総合病院
1995.01
#
西神戸医療センター
1994.03
#
いわてリハビリテーション
センター

1993.06

市立砺波総合病院

■病院の再生に向けて
 「散居村」で有名な砺波平野のほぼ中央にこの病院は位置しており、「砺波医療圏」の中核的な病院としての役割を果たしている。現在地で改築整備する方針に基づき、複雑な建て替えプログラムを構築することにより、医療ニーズに的確に対応する病院に生まれ変わった。整備方針で、①療養環境の改善、②高機能病院としての施設整備、③災害時拠点病院の性能確保、の3点が主題として設定された。
■配置計画と建て替え手順
 <現在地建て替え>における設計上の課題として設定したことは次の条件である。
①診療の継続という観点から、改築の全ての段階で病院機能を充足させること。
②完成した部門構成・動線計画等が機能的であること。
③将来の増改築の可能性を確保しておくこと。
 既存の主要建物6棟のうち、2棟を解体して新棟を建設し、残る4棟を改修して全体を新らたな病院として再生させるという条件から、次の3つの段階を経ることとした。工事工期は、全体で約5年を要した。
第1段階 新棟の半分を建設し、地域救命センター及び病棟の半分を整備。
第2段階 新棟の残り半分を建設、既存棟と一体化した外来・その他の部門を整備。
第3段階 新棟完成後、残置建物4棟を改修すると共に、外構全体を整備し完成。
(t.koga)

所在地 富山県砺波市
構造規模 鉄筋コンクリート造 一部鉄骨鉄筋コンクリート造(免震構造)
地下1階 地上8階
延床面積 30,109㎡(全体50,454㎡)
病床数 534床
竣工 2004.09
写真撮影 SS北陸

設計監理 / 共同建築設計事務所

copyright [サイトポリシー]