共同建築設計事務所
kyodo architects&associates
一般病院 精神科病院 保健・福祉 集合住宅 診療所 住宅 その他
#
大腸肛門病センター高野病院
2017.07
#
山梨市立産婦人科医院
2017.03
#
中頭病院
2016.07
#
日新会病院
2016.06
#
黒沢病院
2014.06
#
本山リハビリテーション病院
2013.06
#
多治見市民病院
2013.05
#
川久保病院
2013.03
#
加納岩総合病院
2012.04
#
さぬき市民病院
2011.12
#
栗橋病院地域医療センター
2011.12
#
新京都南病院
2011.11
#
岐阜県立多治見病院
2010.02
#
さいたま市民医療センター
2008.12
#
三井病院
2007.11
#
千里リハビリテーション病院
2007.10
#
博愛会病院
2007.04
#
公立松任石川中央病院
2007.03
#
城西病院
2004.12
#
市立砺波総合病院
2004.09
#
愛知厚生連 海南病院
2002.12
#
小名浜生協病院
せいきょうクリニック

2002.04
#
国際医療福祉病院
2002.01
#
永寿総合病院
2001.12
#
愛知厚生連 渥美病院
2000.05
#
金沢社会保険病院
1999.12
#
諏訪中央病院
1998.06
#
稲城市立病院
1998.03
#
宮地病院
1997.03
#
大牟田市立総合病院
1995.01
#
西神戸医療センター
1994.03
#
いわてリハビリテーション
センター

1993.06

公立松任石川中央病院

■成長する病院
 1989年、現在の敷地に移転新築された。その後3回の増改築を経て現在の形に至っている。
移転新築時 約17,470㎡ 285床
1期増改築 約 2,670㎡ 305床  主要な用途;健診部門、病棟
2期増改築 約 1,630㎡ 305床  主要な用途;外来・救急・透析
3期増改築 約 7,690㎡ 305床  主要な用途;病棟、管理部、PET棟
■三角形病棟及びその増築
 当初、病棟において看護拠点の分散化を図るため三角形平面を採用し、この形態がこの病院のひとつの特徴をなすことになった。3期増改築では、看護単位の小規模化(50床→34床前後)、病室の療養環境向上を目指し、ふたつの病棟の中央部分に第3の病棟を接続して、1フロア3看護単位の病棟階に再編成した。
 数次の増改築によって、床面積は50%強拡大するとともに、外来、健診、診療部等の充実が図られたが、当初想定されていた各部門の増築展開に適合させることが出来、増改築後も全体の部門構成を大きく変えることなく、機能の維持を実現することが出来た。(t.koga)

第23回SDA賞(1989)/日本サインデザイン協会
第21回中部建築賞・入賞(1989)/中部建築賞協議会
第11回石川県建築賞・入賞(1991)/(社)石川県建築士会
第11回石川県建築士事務所協会会長賞(1992)/(社)石川県病院建築士事務所協会
医療福祉建築賞1992/(社)日本病院建築協会
第4回公共建築賞・優秀賞(1993)/(社)公共建築協会

所在地 石川県白山市
構造規模 鉄骨鉄筋コンクリート造 地下1階 地上5階
延床面積 29,441㎡(内PET増築1,051㎡ その他増築6,615㎡)
病床数 305床
竣工 移転新築1989.02 増改築・改修2007.03
写真撮影 門馬金昭写真事務所/SS北陸

設計監理 / 共同建築設計事務所

copyright [サイトポリシー]