共同建築設計事務所
kyodo architects&associates
一般病院 精神科病院 保健・福祉 集合住宅 診療所 住宅 その他
#
大腸肛門病センター高野病院
2017.07
#
山梨市立産婦人科医院
2017.03
#
中頭病院
2016.07
#
日新会病院
2016.06
#
黒沢病院
2014.06
#
本山リハビリテーション病院
2013.06
#
多治見市民病院
2013.05
#
川久保病院
2013.03
#
加納岩総合病院
2012.04
#
さぬき市民病院
2011.12
#
栗橋病院地域医療センター
2011.12
#
新京都南病院
2011.11
#
岐阜県立多治見病院
2010.02
#
さいたま市民医療センター
2008.12
#
三井病院
2007.11
#
千里リハビリテーション病院
2007.10
#
博愛会病院
2007.04
#
公立松任石川中央病院
2007.03
#
城西病院
2004.12
#
市立砺波総合病院
2004.09
#
愛知厚生連 海南病院
2002.12
#
小名浜生協病院
せいきょうクリニック

2002.04
#
国際医療福祉病院
2002.01
#
永寿総合病院
2001.12
#
愛知厚生連 渥美病院
2000.05
#
金沢社会保険病院
1999.12
#
諏訪中央病院
1998.06
#
稲城市立病院
1998.03
#
宮地病院
1997.03
#
大牟田市立総合病院
1995.01
#
西神戸医療センター
1994.03
#
いわてリハビリテーション
センター

1993.06

三井病院

 川越の地において長年住民に親しまれてきたシアター(映画館)が皆に惜しまれつつ閉館となった。その建物を隣接地の病院が買い取り、建物をそのまま利用して病院の診療部門にコンバージョン(用途変更)した物件である。
 シアターは非常に特徴のある外観であったが、もともとの雰囲気を残しつつも隣接する病院と一体感が出るように全面改修をした。
 インテリアは落ち着いた柔らかい雰囲気で、病院っぽさを極力感じさせないことに考慮した。特に2階の総合健診センターは長時間拘束される人間ドッグの利用者が、あきることなく過ごせるよう、ホテルライクなイメージとした。
 一般的にシアターは暗室空間のため開口部が少ないが、構造上許される範囲で開口部を設け、さらに2層吹き抜けの高さを生かして天井の形状に変化をつけて閉塞感のない空間構成にした。
(k.tokoro)

所在地 埼玉県川越市
構造規模 鉄筋コンクリート造 地下1階 地上6階
(コンバージョン 地下1階 地上4階)
延床面積 5,444㎡
(コンバージョン 1,709㎡)
病床数 77床
竣工 2007.11
写真撮影 増田寿夫写真事務所

設計監理 / 共同建築設計事務所

copyright [サイトポリシー]