共同建築設計事務所
kyodo architects&associates
一般病院 精神科病院 保健・福祉 集合住宅 診療所 住宅 その他
#
大腸肛門病センター高野病院
2017.07
#
山梨市立産婦人科医院
2017.03
#
中頭病院
2016.07
#
日新会病院
2016.06
#
黒沢病院
2014.06
#
本山リハビリテーション病院
2013.06
#
多治見市民病院
2013.05
#
川久保病院
2013.03
#
加納岩総合病院
2012.04
#
さぬき市民病院
2011.12
#
栗橋病院地域医療センター
2011.12
#
新京都南病院
2011.11
#
岐阜県立多治見病院
2010.02
#
さいたま市民医療センター
2008.12
#
三井病院
2007.11
#
千里リハビリテーション病院
2007.10
#
博愛会病院
2007.04
#
公立松任石川中央病院
2007.03
#
城西病院
2004.12
#
市立砺波総合病院
2004.09
#
愛知厚生連 海南病院
2002.12
#
小名浜生協病院
せいきょうクリニック

2002.04
#
国際医療福祉病院
2002.01
#
永寿総合病院
2001.12
#
愛知厚生連 渥美病院
2000.05
#
金沢社会保険病院
1999.12
#
諏訪中央病院
1998.06
#
稲城市立病院
1998.03
#
宮地病院
1997.03
#
大牟田市立総合病院
1995.01
#
西神戸医療センター
1994.03
#
いわてリハビリテーション
センター

1993.06

埼玉県済生会栗橋病院地域医療センター

 埼玉県内で8ヶ所目となる救命救急センターの整備を目的とし、今後そのセンターとしての機能を十分に果たすべく、ICU(20床)や救急部門等を既存病院の北側に増築した計画です。増築にあたっては、第三次救急医療機関としての機能を整備しつつも、既存病院との機能面やデザイン面での調和を重視し、また現行の診療機能を継続しながらも、仮設の建物を必要としない「居ながら増築」が可能な計画としました。
 救急医療現場において、受け入れ患者搬送時の迅速性、及び救急処置作業の効率化は、重要課題の一つであると認識します。一方で、救急医療の場面でも、患者やその家族の居場所は快適な空間でなければなりません。
 そこで、『機動性と快適性の両立』を本件のテーマとし、そこから導き出した次のキーワードを骨子に計画を行いました。
■「優れた機動性の確保」に寄与する平面計画
 増築棟は既存手術部や放射線諸室と近接し、緊急時の患者搬送に配慮した計画です。
■患者にとって「快適で安心」な空間づくり
 救急外来は受付から診察まで連続し、スタッフがいつも身近にいる安心感を提供します。
■経済的かつ丈夫で可変性のある構造計画
 鉄骨大スパン架構による、重要度係数1.25の構造方式です。
■経済的で省エネルギーや環境に配慮した設備計画
 可変性があり効率的な、空冷ヒートポンプシステムによる空調計画です。
(d.nakatsu)

所在地 埼玉県久喜市
構造規模 鉄骨造 地上3階
延床面積 2,759㎡(病院全体:329床)
病床数 20床(病院全体:329床)
竣工 2011.12
写真撮影 GlassEye Inc.

設計監理 / 共同建築設計事務所

copyright [サイトポリシー]