共同建築設計事務所
kyodo architects&associates
一般病院 精神科病院 保健・福祉 集合住宅 診療所 住宅 その他
#
大腸肛門病センター高野病院
2017.07
#
山梨市立産婦人科医院
2017.03
#
中頭病院
2016.07
#
日新会病院
2016.06
#
黒沢病院
2014.06
#
本山リハビリテーション病院
2013.06
#
多治見市民病院
2013.05
#
川久保病院
2013.03
#
加納岩総合病院
2012.04
#
さぬき市民病院
2011.12
#
栗橋病院地域医療センター
2011.12
#
新京都南病院
2011.11
#
岐阜県立多治見病院
2010.02
#
さいたま市民医療センター
2008.12
#
三井病院
2007.11
#
千里リハビリテーション病院
2007.10
#
博愛会病院
2007.04
#
公立松任石川中央病院
2007.03
#
城西病院
2004.12
#
市立砺波総合病院
2004.09
#
愛知厚生連 海南病院
2002.12
#
小名浜生協病院
せいきょうクリニック

2002.04
#
国際医療福祉病院
2002.01
#
永寿総合病院
2001.12
#
愛知厚生連 渥美病院
2000.05
#
金沢社会保険病院
1999.12
#
諏訪中央病院
1998.06
#
稲城市立病院
1998.03
#
宮地病院
1997.03
#
大牟田市立総合病院
1995.01
#
西神戸医療センター
1994.03
#
いわてリハビリテーション
センター

1993.06

多治見市民病院

 多治見市民病院は、多治見市とその周辺地域の中核病院としての役割を担ってきました。しかし近年の多様なニーズに応えるため、診療体制の充実を図るべく社会医療法人厚生会の経営となり、併せて現在地にて新しい病院を建設することになりました。

 今回私たちが大切にしたことは、患者さんの立場に立った分かりやすい建物をつくるということです。近隣に立つ3次救急を担う病院との機能的分化を明確にするためにも、地域の人々にとっての分かりやすさ、親しみやすさを創出することが重要と考えました。一方で民間病院のノウハウを活かした機能性、効率性を実現していくことも重要な目標でした。スペースの有効活用、将来を見据え、変化に対応できるハードづくりを心掛けました。

 また今回のプロジェクトは全体工期短縮とコスト削減を目的として、デザインビルド方式が採用されました。その中で私たちは、計画全体をコントロールする役割として、基本設計、詳細設計監修、工事監理(詳細設計・施工:戸田建設)、を担うことになりました。通常と異なり、施工者とともに設計をまとめるプロセスの中で、これまで以上に私たちのコンセプトを明確にし、計画をリードすることが求められました。

(k.suzuki , t.tanaka)

所在地 岐阜県多治見市
構造規模 鉄筋コンクリート造 免震構造 地下1階 地上7階
延床面積 19,778㎡
病床数 250床
竣工 2013.05
写真撮影 センターフォト

設計監理 / 共同建築設計事務所

copyright [サイトポリシー]