共同建築設計事務所
kyodo architects&associates
一般病院 精神科病院 保健・福祉 集合住宅 診療所 住宅 その他
#
大腸肛門病センター高野病院
2017.07
#
山梨市立産婦人科医院
2017.03
#
中頭病院
2016.07
#
日新会病院
2016.06
#
黒沢病院
2014.06
#
本山リハビリテーション病院
2013.06
#
多治見市民病院
2013.05
#
川久保病院
2013.03
#
加納岩総合病院
2012.04
#
さぬき市民病院
2011.12
#
栗橋病院地域医療センター
2011.12
#
新京都南病院
2011.11
#
岐阜県立多治見病院
2010.02
#
さいたま市民医療センター
2008.12
#
三井病院
2007.11
#
千里リハビリテーション病院
2007.10
#
博愛会病院
2007.04
#
公立松任石川中央病院
2007.03
#
城西病院
2004.12
#
市立砺波総合病院
2004.09
#
愛知厚生連 海南病院
2002.12
#
小名浜生協病院
せいきょうクリニック

2002.04
#
国際医療福祉病院
2002.01
#
永寿総合病院
2001.12
#
愛知厚生連 渥美病院
2000.05
#
金沢社会保険病院
1999.12
#
諏訪中央病院
1998.06
#
稲城市立病院
1998.03
#
宮地病院
1997.03
#
大牟田市立総合病院
1995.01
#
西神戸医療センター
1994.03
#
いわてリハビリテーション
センター

1993.06

本山リハビリテーション病院

 阪神淡路大震災による再建を期に、地域に根付いて暮らす高齢者をいかに支えるかを模索し、事業展開してきた宮地病院が、新たに50床増床の機会を得て、入院機能中心のリハビリ病院として「本山リハビリテーション病院」が誕生しました。「入院生活のあらゆる局面がリハビリにつながる徹底した空間づくり」と「かつての神戸らしさをイメージできる地域になじむ建築」をコンセプトとして取り組みました。

 外装は、神戸で親しまれてきた近代建築(石積とレンガ造)の面影を取り込み、病棟の木部は濃い目に染色し、少しレトロな雰囲気を持たせています。症状と向き合いつつも、あわてずゆっくりとリハビリに取り組むために落ち着き感を大切にしました。

 入院生活の全ての行為がリハビリにつながると考え、洗面、身づくろい、排泄などのプライバシーを大切にしたい基本動作を病室周辺で行うことができます。食事やコミュニケーションを楽しむダイニングやリビングは、生活の場(病室)に近づけ、そしてより高いステージでのリハビリの場は、病棟の少し離れた場所や階を変えた魅力的な空間に移動してもらう設定としました。街中の限られた環境の中、自然な形でリハビリにつながる空間構成を目指しました。

(k.suzuki,k.yamashita,y.norikuni)

所在地 兵庫県神戸市
構造規模 鉄筋コンクリート造 地下1階 地上5階
延床面積 7,624㎡
病床数 120床
竣工 2013.06
写真撮影 増田寿夫写真事務所

設計監理 / 共同建築設計事務所

copyright [サイトポリシー]