共同建築設計事務所
kyodo architects&associates
一般病院 精神科病院 保健・福祉 集合住宅 診療所 住宅 その他
#
公立松任石川中央病院
2019.02
#
いわき病院
2018.09
#
千里リハビリテーション病院Ⅱ期
2017.09
#
大腸肛門病センター高野病院
2017.07
#
山梨市立産婦人科医院
2017.03
#
中頭病院
2016.07
#
日新会病院
2016.06
#
黒沢病院
2014.06
#
本山リハビリテーション病院
2013.06
#
多治見市民病院
2013.05
#
川久保病院
2013.03
#
加納岩総合病院
2012.04
#
さぬき市民病院
2011.12
#
栗橋病院地域医療センター
2011.12
#
新京都南病院
2011.11
#
岐阜県立多治見病院
2010.02
#
さいたま市民医療センター
2008.12
#
三井病院
2007.11
#
千里リハビリテーション病院
2007.10
#
博愛会病院
2007.04
#
城西病院
2004.12
#
市立砺波総合病院
2004.09
#
愛知厚生連 海南病院
2002.12
#
小名浜生協病院
せいきょうクリニック

2002.04
#
国際医療福祉大学病院
2002.01
#
永寿総合病院
2001.12
#
愛知厚生連 渥美病院
2000.05
#
金沢病院
1999.12
#
稲城市立病院
1998.03
#
宮地病院
1997.03
#
大牟田市立病院
1995.01
#
神戸市立西神戸医療センター
1994.03
#
いわてリハビリテーション
センター

1993.06
#
公立松任石川中央病院
1989.02
#
諏訪中央病院
1986.06

いわき病院

 国立病院機構いわき病院は、重症心身障害児(者)・神経難病の入院機能をもつ病院です。海岸線から100mほどに位置していたいわき病院は、東日本大震災で被災し津波の心配のない内陸部に移転することとなりました。
 患者の療養環境の改善、スタッフの労働環境の改善と共に、地域への貢献も新病院設計のテーマの一つでした。イベント開催を想定した広めのエントランスホールに面して、地域の方々が利用できる多目的な部屋を配置し、来院者が利用しやすい計画としています。
 2階の重症心身障害児(者)の病棟は、看護動線が短く運用に柔軟性のあるクラスター型の病棟としました。2つの病棟の接点に療育活動スペースを配置し、屋外デッキや病棟食堂と連結させることで多人数のイベントが開催できる空間としています。3階の神経難病病棟では様々なパターンの個室を用意し、窓高さを下げて視界を確保するなど、神経難病の患者特性に対応した病棟計画としました。
 国の政策医療としての役割を担う病院で一般の患者利用は限られますが、地域の中で愛され続ける病院として新しい歴史を刻んでいただきたいと願っております。
(h.kawashima , t.sone)

建築主 独立行政法人国立病院機構 いわき病院
所在地 福島県いわき市
構造規模 鉄骨造 地上3階
延床面積 9,862㎡
病床数 154床(重心84床・神経難病70床)
竣工 2018.09
写真撮影 (株)スタジオナップス

copyright [サイトポリシー]