共同建築設計事務所
kyodo architects&associates
一般病院 精神科病院 保健・福祉 集合住宅 診療所 住宅 その他
#
大腸肛門病センター高野病院
2017.07
#
山梨市立産婦人科医院
2017.03
#
中頭病院
2016.07
#
日新会病院
2016.06
#
黒沢病院
2014.06
#
本山リハビリテーション病院
2013.06
#
多治見市民病院
2013.05
#
川久保病院
2013.03
#
加納岩総合病院
2012.04
#
さぬき市民病院
2011.12
#
栗橋病院地域医療センター
2011.12
#
新京都南病院
2011.11
#
岐阜県立多治見病院
2010.02
#
さいたま市民医療センター
2008.12
#
三井病院
2007.11
#
千里リハビリテーション病院
2007.10
#
博愛会病院
2007.04
#
公立松任石川中央病院
2007.03
#
城西病院
2004.12
#
市立砺波総合病院
2004.09
#
愛知厚生連 海南病院
2002.12
#
小名浜生協病院
せいきょうクリニック

2002.04
#
国際医療福祉病院
2002.01
#
永寿総合病院
2001.12
#
愛知厚生連 渥美病院
2000.05
#
金沢社会保険病院
1999.12
#
諏訪中央病院
1998.06
#
稲城市立病院
1998.03
#
宮地病院
1997.03
#
大牟田市立総合病院
1995.01
#
西神戸医療センター
1994.03
#
いわてリハビリテーション
センター

1993.06

大腸肛門病センター高野病院

"くまもとアートポリス"初の病院建築プロジェクト

熊本県熊本市にある大腸肛門疾患専門病院の移転新築計画です。県が主催する"くまもとアートポリス事業"にクライアントが賛同され、県主催でプロポーザルコンペが開催されました。
 本事業の理念である「自然に開き人と和す」というテーマを受け、自然を受け入れ、人との交流を促す地域に開かれた公共性の高い"ひろば"のような病院づくりを目指しました。建物の各階各所に緑豊かなガーデンや外部に面したラウンジ、談話コーナーといった多様な居場所があり、利用者それぞれが居場所を選択することができます。
 4床室は各ベッドが固有の窓を有する個室的4床室としており、全ての患者が外部環境との距離感を自らコントロールできます。快適面だけではなく、病棟にサブステーションを設けることによる看護動線の短縮化、診療階における動線の単純化等の医療施設としての効率面にも配慮しています。
 災害時にも地域の拠所となり得るよう、九州内かつ医療施設としては初の採用となる鉄製の球面すべり支承を使用した免震構造とし、設備面においては非常用発電機を搭載することで、災害時にも医療行為が継続可能な建物としています。
(h.kawashima , d.nakatsu , a.nagano)

所在地 熊本県熊本市
構造規模 鉄骨造 免震構造 地上6階
延床面積 14,860㎡(病院棟)
3,990㎡(立体駐車場棟)
病床数 166床(内、緩和ケア:20床)
竣工 2017.07
写真撮影 株式会社 川澄・小林研二写真事務所

設計監理 / 共同建築設計事務所+コンテンポラリーズ共同企業体

copyright [サイトポリシー]