共同建築設計事務所
kyodo architects&associates
一般病院 精神科病院 保健・福祉 集合住宅 診療所 住宅 その他
#
大腸肛門病センター高野病院
2017.07
#
山梨市立産婦人科医院
2017.03
#
中頭病院
2016.07
#
日新会病院
2016.06
#
黒沢病院
2014.06
#
本山リハビリテーション病院
2013.06
#
多治見市民病院
2013.05
#
川久保病院
2013.03
#
加納岩総合病院
2012.04
#
さぬき市民病院
2011.12
#
栗橋病院地域医療センター
2011.12
#
新京都南病院
2011.11
#
岐阜県立多治見病院
2010.02
#
さいたま市民医療センター
2008.12
#
三井病院
2007.11
#
千里リハビリテーション病院
2007.10
#
博愛会病院
2007.04
#
公立松任石川中央病院
2007.03
#
城西病院
2004.12
#
市立砺波総合病院
2004.09
#
愛知厚生連 海南病院
2002.12
#
小名浜生協病院
せいきょうクリニック

2002.04
#
国際医療福祉病院
2002.01
#
永寿総合病院
2001.12
#
愛知厚生連 渥美病院
2000.05
#
金沢社会保険病院
1999.12
#
諏訪中央病院
1998.06
#
稲城市立病院
1998.03
#
宮地病院
1997.03
#
大牟田市立総合病院
1995.01
#
西神戸医療センター
1994.03
#
いわてリハビリテーション
センター

1993.06

黒沢病院

 本計画は、2009年に先行して新敷地エリアに開設された病院付属の「ヘルスパーク・クリニック:HPC」の隣接地に、病院本体(1985年に別敷地にて開院)を移転新築し、両施設群を一体的に機能させるというプログラムである。病院機能の新築移転にあわせて、圏域に大きく不足する「急性期脳卒中治療機能」の充実という観点から、群馬県西部圏域初となる「脳卒中センター」の新設を、10床分の増床をともなって行っている。  
 脳卒中急性期医療の導入にくわえて、同じく地域に不足する災害時医療拠点としての備えも整備された。2回線受電、非常用発電備蓄、常用発電コジェネシステム(中圧ガス)、井水の活用といった災害時に対応できる様々な装備を、免震構造の病院建物内に備えている。
 病院機能の新築移転による施設群の統合の結果、入院治療の拠点(108床※1)、通院治療の拠点(クリニック400人/日)、健診(13,937人/年)・ドック(23,941人/年、うち宿泊1,139人/19床※2)、健康増進施設(メディカルフィットネス&スパ:会員1,320人)、デイケア(定員30人)を擁する保健・医療・福祉の複合施設が誕生したことになる。

(h.kawashima , d.nakatsu)

※1 2015年4月時点でSCU12床を含む130床に増床
※2 2014年10月時点

所在地 群馬県高崎市
構造規模 鉄骨造 免震構造 地上7階
延床面積 13,098㎡
病床数 130床
竣工 2014.06
写真撮影 川澄・小林研二写真事務所/株式会社YAMAGIWA/所員撮影

設計監理 / 共同建築設計事務所

copyright [サイトポリシー]