共同建築設計事務所
kyodo architects&associates
一般病院 精神科病院 保健・福祉 集合住宅 診療所 住宅 その他
#
公立松任石川中央病院
2019.02
#
いわき病院
2018.09
#
千里リハビリテーション病院Ⅱ期
2017.09
#
大腸肛門病センター高野病院
2017.07
#
山梨市立産婦人科医院
2017.03
#
中頭病院
2016.07
#
日新会病院
2016.06
#
黒沢病院
2014.06
#
本山リハビリテーション病院
2013.06
#
多治見市民病院
2013.05
#
川久保病院
2013.03
#
加納岩総合病院
2012.04
#
さぬき市民病院
2011.12
#
栗橋病院地域医療センター
2011.12
#
新京都南病院
2011.11
#
岐阜県立多治見病院
2010.02
#
さいたま市民医療センター
2008.12
#
三井病院
2007.11
#
千里リハビリテーション病院
2007.10
#
博愛会病院
2007.04
#
城西病院
2004.12
#
市立砺波総合病院
2004.09
#
愛知厚生連 海南病院
2002.12
#
小名浜生協病院
せいきょうクリニック

2002.04
#
国際医療福祉大学病院
2002.01
#
永寿総合病院
2001.12
#
愛知厚生連 渥美病院
2000.05
#
金沢病院
1999.12
#
稲城市立病院
1998.03
#
宮地病院
1997.03
#
大牟田市立病院
1995.01
#
神戸市立西神戸医療センター
1994.03
#
いわてリハビリテーション
センター

1993.06
#
公立松任石川中央病院
1989.02
#
諏訪中央病院
1986.06

公立松任石川中央病院 人間ドック・健康増進センター

 石川県白山地域の中核となる公立松任石川中央病院の六回目の増築工事です。
 医療を極めていくと、病気の治療はもちろんのこと、その前段階として予防医療も重要となってきます。健康的な生活を送れる期間を示す「健康寿命」をできるだけ平均寿命に近づけるために、医学的根拠に基づいた運動療法施設として、手狭になっていた総合健診センターを増築をすることで強化するとともに、健康増進のためのメディカル型ウェルネスクラブ(フィットネス)を設置し、地域住民の健康に貢献する施設となっています。
 増築も六回になると、新築時の敷地内はめいっぱいとなり、今回は地域住民も利用する構内道路を挟んだ敷地に建設し、既存病院とは2階の渡り廊下で接続しています。
 既存病院と2階でフラットに接続させたことにより、1階は潤沢な階高を確保できたことを生かし、天井の高い開放感のあるジムエリアとなっています。
 2階の総合検診センターは、診療エリアとは雰囲気を変え、重厚で落ち着きのあるインテリアの中、ゆったりとくつろぎながら健康診断を受けることができます。
( k.tokoro)

建築主 白山石川医療企業団
所在地 石川県白山市
構造規模 鉄骨造 地上2階
延床面積 41,030㎡
竣工 2019.02
写真撮影 studio9

copyright [サイトポリシー]