共同建築設計事務所
kyodo architects&associates
一般病院 精神科病院 保健・福祉 集合住宅 診療所 住宅 その他
#
大腸肛門病センター高野病院
2017.07
#
山梨市立産婦人科医院
2017.03
#
中頭病院
2016.07
#
日新会病院
2016.06
#
黒沢病院
2014.06
#
本山リハビリテーション病院
2013.06
#
多治見市民病院
2013.05
#
川久保病院
2013.03
#
加納岩総合病院
2012.04
#
さぬき市民病院
2011.12
#
栗橋病院地域医療センター
2011.12
#
新京都南病院
2011.11
#
岐阜県立多治見病院
2010.02
#
さいたま市民医療センター
2008.12
#
三井病院
2007.11
#
千里リハビリテーション病院
2007.10
#
博愛会病院
2007.04
#
公立松任石川中央病院
2007.03
#
城西病院
2004.12
#
市立砺波総合病院
2004.09
#
愛知厚生連 海南病院
2002.12
#
小名浜生協病院
せいきょうクリニック

2002.04
#
国際医療福祉病院
2002.01
#
永寿総合病院
2001.12
#
愛知厚生連 渥美病院
2000.05
#
金沢社会保険病院
1999.12
#
諏訪中央病院
1998.06
#
稲城市立病院
1998.03
#
宮地病院
1997.03
#
大牟田市立総合病院
1995.01
#
西神戸医療センター
1994.03
#
いわてリハビリテーション
センター

1993.06

中頭病院

 沖縄県中部を診療圏として1982年の開院以来、地域連携に基づいた急性期を中心とする医療を担ってきた中頭病院は、2016年10月、旧病院から北東約900mの新敷地に新築移転しました。2002年に隣接地にて外来分離した「ちばなクリニック」を現地に残してのことです。
 移転計画におけるコンセプトとして
 ①高度急性期医療の提供
 ②集学的がん治療の構築
 ③救急医療の充実
の3つが掲げられ、以下のように建築的な対応をしています。
①高度急性期医療の提供
 手術室数を増設するとともに、ICU12床、HCU16床を整備しました。手術部門のある3階を高度急性期医療の中核フロアとして位置づけ、ICU・HCUや血管造影室、日帰り手術センター、循環器センター(病棟)を配しています。
②集学的がん治療の構築
 手術部門の機能向上や手術室数増に加えて、新たに放射線治療機能が導入されています。外来部門では、血液腫瘍内科とブレストセンターを化学療法室に隣接させて設け、がん治療ゾーンを形成しています。
 内視鏡センターは、内視鏡室6室とTV室3室で構成されています。入院外来双方から利用されることから、2階に配置しました。
③救急医療の充実
 年間6,000件を超える救急車受入件数に対応するため、救急部門の機能整備が図られました。観察室や救急初療室を充実させるとともに、隣接するCT・MRI等の画像診断室へは水平移動で、2階の内視鏡センターや3階の手術・ICUへは救急専用エレベーターで直結する計画としました。
(h.kawashima , t.tanaka , m.wakamatsu)

所在地 沖縄県沖縄市
構造規模 鉄骨造 免震構造 地上5階 地下1階
延床面積 31,558㎡
病床数 355床
竣工 2016.07
写真撮影 S.エスフォート 新城政治

設計監理 / 共同建築設計事務所

copyright [サイトポリシー]