共同建築設計事務所
kyodo architects&associates
一般病院 精神科病院 保健・福祉 集合住宅 診療所 住宅 その他
#
鹿沼病院リハビリセンター
シエル

2014.04
#
千曲荘病院 南棟
2014.03
#
豊橋こころのケアセンター
2013.07
#
東北病院
2013.04
#
駒木野病院
2013.03
#
万葉クリニック
万葉テラス

2012.04
#
こころの医療センター駒ヶ根
2012.03
#
群馬精神医療センター
医療観察法病棟

2012.02
#
虹と海のホスピタル
2010.12
#
鹿沼病院
2009.12
#
田中病院
2009.06
#
関西記念病院2期
2009.01
#
鶴が丘ガーデンホスピタル
2008.08
#
あさかホスピタルD棟
2008.06
#
加賀こころの病院
2007.03
#
しのだの森ホスピタル
2007.02
#
上毛病院
2007.02
#
下館病院 B棟
2006.05
#
山梨県立北病院
2005.11
#
さっぽろ香雪病院
2004.12
#
藤田病院
2004.09
#
城山病院
2004.03
#
南浜中央病院
2003.11
#
関西記念病院
ストレスケア病棟

2003.05
#
千曲荘病院
2003.02
#
のぞみの丘ホスピタル
2002.03
#
あさかホスピタル
1999.04

あさかホスピタル A棟

□設計上配慮したこと
・充実した個人環境
個室的環境を確保した多床室の提案=面格子のない個人のための窓、机、鍵付の収納などの設置により、個を尊重した空間を用意する。
・選択肢の豊富な生活空間
段階的に広さの異なる交流空間を連続的に用意し、多様な生活シーンを演出する。
・患者とスタッフが交流しやすい開放的な機能空間
スタッフステーションはオープンカウンターとし、病棟毎に特徴のあるスタッフサーブの機能ゾーンをそのバックヤードに集約する。
・地域にやさしい明るく豊かなデザイン
床には、可能な限りタイルカーペットを採用(聴覚)し、木とMDF中心の素材を生かしたシンプルな構成(視覚・触覚)、オゾン脱臭(臭覚)等により五感にやさしいインテリアとする。

□充実した生活空間のために
 患者の立場に立って、充実する生活を送ることのできる環境を考え、次のような提案をしている
・家庭的でケアしやすいヒューマンスケールの空間
病棟を4つに分割し、そのクラスターごとにリビング、談話コーナー、私物・リネン庫、汚物処理室、便所、洗濯、洗面コーナー、シャワー、食堂(5階のみ)などを設置し、基本的な生活がクラスター毎に完結する。

 病棟におけるパブリックな空間の段階化が、所属意識による心理的な場の違いを与え、空間の多様性を感じさせる。一方でチームナーシングによるきめ細やかなケアを誘導している。(k.suzuki)

医療福祉建築賞2000/(社)日本医療福祉建築協会

所在地 福島県郡山市
延床面積 鉄筋コンクリート造 地上5階
病床数 A棟 206床 (全体 581床)
竣工 1999.04
写真撮影 門馬金昭写真事務所

設計監理 / 共同建築設計事務所

copyright [サイトポリシー]