共同建築設計事務所
kyodo architects&associates
一般病院 精神科病院 保健・福祉 集合住宅 診療所 住宅 その他
#
鹿沼病院リハビリセンター
シエル

2014.04
#
千曲荘病院 南棟
2014.03
#
豊橋こころのケアセンター
2013.07
#
東北病院
2013.04
#
駒木野病院
2013.03
#
万葉クリニック
万葉テラス

2012.04
#
こころの医療センター駒ヶ根
2012.03
#
群馬精神医療センター
医療観察法病棟

2012.02
#
虹と海のホスピタル
2010.12
#
鹿沼病院
2009.12
#
田中病院
2009.06
#
関西記念病院2期
2009.01
#
鶴が丘ガーデンホスピタル
2008.08
#
あさかホスピタルD棟
2008.06
#
加賀こころの病院
2007.03
#
しのだの森ホスピタル
2007.02
#
上毛病院
2007.02
#
下館病院 B棟
2006.05
#
山梨県立北病院
2005.11
#
さっぽろ香雪病院
2004.12
#
藤田病院
2004.09
#
城山病院
2004.03
#
南浜中央病院
2003.11
#
関西記念病院
ストレスケア病棟

2003.05
#
千曲荘病院
2003.02
#
のぞみの丘ホスピタル
2002.03
#
あさかホスピタル
1999.04

千曲荘病院

 既存に残す療養系の病床以外の病棟を、敷地内にて増築するというプロジェクトである。 精神科病棟の計画セオリーに照らして、一般社会における集団スケールのバリエーションや人間関係の段階性を建築的に翻訳し、 ベッド(個人)~病室(家族)~クラスター(近隣社会)~病棟(地域社会)というプログラムを前提とした。小グループによる生活単位の ベースとなる「クラスター」には15人前後という小さな規模設定を行い、食事・談話・入浴・洗面トイレ・洗濯・物干しといった生活行為 を完結しうる建築的な装備やしつらえを用意している。
 クラスターによる病棟構成は、病状による区分、開放処遇と閉鎖処遇、 大まかな男女区分、といった運営面での柔軟性にも寄与している。 さらには、クラスターどうしの接点に調整用の個室を配置することにより、各クラスターの病床数の変化にも対応しうる。
 インテリアにおいては、「明るさ、暖かさ、清潔感、上品さ、シンプル、コンパクト」という、 発注者から提示されたキーワードを尊重し、 やわらかい雰囲気を持ち暖かみのある素材として、木材の「ブナ材」と金属の「アルミ材」選択した。 天然素材の色や肌ざわりを生かしつつ表面仕上げを厳選した上で、それらの素材を様々に組合せてインテリアを構成している。 「ブナ材」は腰壁・建具・造作家具・サイン・照明器具等の構成素材として活用するだけでなく、置き家具についても同材近似色のものを 選定することにより、インテリアにおける統一感の維持に努めた。「アルミ材」はアルミサッシュ・ルーバー・パンチングメタル・サイン等に利用し、 マット状のやわらかい雰囲気で仕上げている。(h.kawashima)

所在地 長野県上田市
構造規模 鉄筋コンクリート造 4階
延床面積 4,587㎡
病床数 250床 (うち増築棟100床)
竣工 2003.02
写真撮影 三輪晃久写真研究所

設計監理 / 共同建築設計事務所

copyright [サイトポリシー]