共同建築設計事務所
kyodo architects&associates
一般病院 精神科病院 保健・福祉 集合住宅 診療所 住宅 その他
#
鹿沼病院リハビリセンター
シエル

2014.04
#
千曲荘病院 南棟
2014.03
#
豊橋こころのケアセンター
2013.07
#
東北病院
2013.04
#
駒木野病院
2013.03
#
万葉クリニック
万葉テラス

2012.04
#
こころの医療センター駒ヶ根
2012.03
#
群馬精神医療センター
医療観察法病棟

2012.02
#
虹と海のホスピタル
2010.12
#
鹿沼病院
2009.12
#
田中病院
2009.06
#
関西記念病院2期
2009.01
#
鶴が丘ガーデンホスピタル
2008.08
#
あさかホスピタルD棟
2008.06
#
加賀こころの病院
2007.03
#
しのだの森ホスピタル
2007.02
#
上毛病院
2007.02
#
下館病院 B棟
2006.05
#
山梨県立北病院
2005.11
#
さっぽろ香雪病院
2004.12
#
藤田病院
2004.09
#
城山病院
2004.03
#
南浜中央病院
2003.11
#
関西記念病院
ストレスケア病棟

2003.05
#
千曲荘病院
2003.02
#
のぞみの丘ホスピタル
2002.03
#
あさかホスピタル
1999.04

城山病院

 細長い形状に無理に押し込めていた病棟が、その制約から解き放たれ、スタッフステーションからも見通しよく、動線も短縮されてまとまりのよい病棟とすることができた。 閉鎖空間の中で治療を受けなければならない患者にとって、採光、通風など外界を感じられる自然の変化を適切に取り入れることは、社会復帰に向けて生活のリズムを作り、意識を外に向けていくためにも重要になってくる。この病棟では南面に大きな開口を持った食堂、デイルームを配していて、時間の変化が感じられる、日中を気持ちよく過ごせる空間となっている。また、この地は南北方向に心地の良い風が吹いていて、是非この風を病棟に取り込んでほしいとの院長の願いを受けて、病室には廊下側にも通風窓を設け、病棟内をさわやかな風が通り抜けるようにしている。
 デイケア棟は地域に暮らす患者のための家庭的な雰囲気の木造の大屋根を持つ建物で、内部は大空間でありつつも、さまざまな居場所が確保されている暖かみのある空間とした。また、職員のための院内託児所を併設していて、中庭を囲んで2つの施設が緩やかにつながっている。利用者は自然な形で地域社会との連続性を感じることができる。(k.suzuki)

所在地 熊本県熊本市
構造規模 中央棟   鉄筋コンクリート造 地上5階
デイケア棟 木造 地上2階
延床面積 中央棟  5,949㎡
デイケア棟 342㎡
病床数 198床(内中央棟150床)
利用者数デイケア棟 50名
竣工 2004.03
写真撮影 増田寿夫写真事務所

設計監理 / 共同建築設計事務所

copyright [サイトポリシー]