共同建築設計事務所
kyodo architects&associates
一般病院 精神科病院 保健・福祉 集合住宅 診療所 住宅 その他
#
鹿沼病院リハビリセンター
シエル

2014.04
#
千曲荘病院 南棟
2014.03
#
豊橋こころのケアセンター
2013.07
#
東北病院
2013.04
#
駒木野病院
2013.03
#
万葉クリニック
万葉テラス

2012.04
#
こころの医療センター駒ヶ根
2012.03
#
群馬精神医療センター
医療観察法病棟

2012.02
#
虹と海のホスピタル
2010.12
#
鹿沼病院
2009.12
#
田中病院
2009.06
#
関西記念病院2期
2009.01
#
鶴が丘ガーデンホスピタル
2008.08
#
あさかホスピタルD棟
2008.06
#
加賀こころの病院
2007.03
#
しのだの森ホスピタル
2007.02
#
上毛病院
2007.02
#
下館病院 B棟
2006.05
#
山梨県立北病院
2005.11
#
さっぽろ香雪病院
2004.12
#
藤田病院
2004.09
#
城山病院
2004.03
#
南浜中央病院
2003.11
#
関西記念病院
ストレスケア病棟

2003.05
#
千曲荘病院
2003.02
#
のぞみの丘ホスピタル
2002.03
#
あさかホスピタル
1999.04

山梨県立北病院

 平成元年に全面建て替えをおこなった県立精神科病院の改修で「精神科急性期治療病棟」から「精神科救急入院料」の施設基準を満たす病棟への転換が主目的である。

 計画当時の実入院患者数を基本とし、病棟や患者の属性を考慮しながらなるべく少ないステップで病棟の引越を行い、改修を進めるように計画した。結果、計5期11ヶ月に渡る工事となった。
 精神科急性期の患者の症状は多様で、初期段階での保護、集中観察を行う期間が必要である。
・安全でありかつ療養にふさわしい豊かな空間であること
・プライバシーが保たれていること(個室化の方向性)
・段階的な回復状態に応じてコミュニケーションの空間が選択できること
が重要であると考えた。
 15年前、全国に先駆けて新しいコンセプトを持つ病棟を計画したが、今回の改修は北病院が今後も時代の要請に応じて変化し、常に地域に貢献できる最先端の県立病院であり続けるための一つのステップと位置づけられるだろう。(k.suzuki)

所在地 山梨県韮崎市
構造規模 鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造 地下1階 地上2階
延床面積 11,348㎡(内増築部分200㎡)(改修面積1,637㎡)
病床数 264床(改修前300床)
竣工 1990.11 改修2005.11
写真撮影 増田寿夫写真事務所

設計監理 / 共同建築設計事務所

copyright [サイトポリシー]