共同建築設計事務所
kyodo architects&associates
一般病院 精神科病院 保健・福祉 集合住宅 診療所 住宅 その他
#
鹿沼病院リハビリセンター
シエル

2014.04
#
千曲荘病院 南棟
2014.03
#
豊橋こころのケアセンター
2013.07
#
東北病院
2013.04
#
駒木野病院
2013.03
#
万葉クリニック
万葉テラス

2012.04
#
こころの医療センター駒ヶ根
2012.03
#
群馬精神医療センター
医療観察法病棟

2012.02
#
虹と海のホスピタル
2010.12
#
鹿沼病院
2009.12
#
田中病院
2009.06
#
関西記念病院2期
2009.01
#
鶴が丘ガーデンホスピタル
2008.08
#
あさかホスピタルD棟
2008.06
#
加賀こころの病院
2007.03
#
しのだの森ホスピタル
2007.02
#
上毛病院
2007.02
#
下館病院 B棟
2006.05
#
山梨県立北病院
2005.11
#
さっぽろ香雪病院
2004.12
#
藤田病院
2004.09
#
城山病院
2004.03
#
南浜中央病院
2003.11
#
関西記念病院
ストレスケア病棟

2003.05
#
千曲荘病院
2003.02
#
のぞみの丘ホスピタル
2002.03
#
あさかホスピタル
1999.04

長野県立こころの医療センター駒ヶ根

 既存病院の老朽化に伴い、県立病院として求められる役割に対応するため、235床あった病床を129床にダウンサイジングし、急性期をはじめ依存症や児童精神科、医療観察法ユニットなど専門性の高い病棟を備えた精神科公的中核病院の建替えプロジェクトです。南アルプスと中央アルプスに挟まれた伊那谷の中央部、天竜川に沿った豊かな自然環境を最大限利用した「地域に帰るための病院」を目指しました。同時に、デイケアや作業療法、相談部門の充実を図り、地域で暮らす精神障害を持つ方々の拠りどころとなるだけでなく、入院直後から社会復帰を目指す体制が整えられています。
 メインアプローチからは病院の全貌を把握することが出来、誰でも気軽に訪れることができる敷居の低い地域に開かれた病院を表現しています。
 玄関を入ると病院の中心軸となる「駒ヶ根モール」が広がり、街の賑わいを感じさせるしつらえとし、駒ヶ根モールに各部門の受付が顔を出し、訪れた人にわかりやすい構成としています。
 病室はほとんどが個室ですが、多床室も個室に近い環境とし、プライバシーを守り患者さんが自分自身の拠点を持ち、生活を組み立てられるつくりとしています。病棟の共用部には様々な居場所を設け、生活の領域を段階的に広げられるしくみとし、治療を促す環境を実現しています。
 外壁には時間とともに味わいを増すレンガ積みを採用するなど、誰からも親しまれ、長生きする建築を実現するため様々な工夫をしました。
(k.suzuki , a.yamada , f.matsushima)

医療福祉建築賞2012/(社)日本医療福祉建築協会

第45回中部建築賞・入賞(2013)/中部建築賞協議会

所在地 長野県駒ヶ根市
構造規模 鉄筋コンクリート造一部鉄骨造 地上3階
延床面積 10,184㎡
病床数 129床
竣工 2012.03
写真撮影 増田寿夫写真事務所

設計監理 / 共同建築設計事務所

copyright [サイトポリシー]