共同建築設計事務所
kyodo architects&associates
一般病院 精神科病院 保健・福祉 集合住宅 診療所 住宅 その他
#
鹿沼病院リハビリセンター
シエル

2014.04
#
千曲荘病院 南棟
2014.03
#
豊橋こころのケアセンター
2013.07
#
東北病院
2013.04
#
駒木野病院
2013.03
#
万葉クリニック
万葉テラス

2012.04
#
こころの医療センター駒ヶ根
2012.03
#
群馬精神医療センター
医療観察法病棟

2012.02
#
虹と海のホスピタル
2010.12
#
鹿沼病院
2009.12
#
田中病院
2009.06
#
関西記念病院2期
2009.01
#
鶴が丘ガーデンホスピタル
2008.08
#
あさかホスピタルD棟
2008.06
#
加賀こころの病院
2007.03
#
しのだの森ホスピタル
2007.02
#
上毛病院
2007.02
#
下館病院 B棟
2006.05
#
山梨県立北病院
2005.11
#
さっぽろ香雪病院
2004.12
#
藤田病院
2004.09
#
城山病院
2004.03
#
南浜中央病院
2003.11
#
関西記念病院
ストレスケア病棟

2003.05
#
千曲荘病院
2003.02
#
のぞみの丘ホスピタル
2002.03
#
あさかホスピタル
1999.04

万葉クリニック 万葉テラス

 奈良県南和地域で長年精神科医療に取り組まれ、地域に根差した医療・介護を模索し事業を展開されてきた下市病院の移転新築プロジェクトです。橿原市への移転という大英断をするにあたり、理事長が求められたものは、精神科治療にふさわしい空間の提供と合理的な機能の両立、そして今後大きく変化するであろう医療・福祉需要への追随性でした。これを受け、私たちが心がけたことは、利用者にとって訪れやすく、豊かで、機能的な建物を、できるだけシンプルな形態の中で実現することでした。
 橿原神宮をはじめ歴史深い場所で、高さ20mの高度制限がある地域です。病院240床と老健80床をこの敷地内で実現するために、1フロア60床×2看護単位の構成としましたが、これを容易に展開すると平面的にも大きくなりすぎるため、病棟をいくつかに分節化し、動線を徹底して短くし、面積効率のよい病棟を実現しました。
 病棟は、クラスター(4床室群)を複数構成することで、様々な特性に応じたゾーニングを組み易く、開放・閉鎖の選択もしやすい工夫をしています。急性期から療養まで同一フロア内で柔軟な運用がとれる構成です。畝傍山を望む食堂や機能訓練ができるデイルーム、多目的に使い変化に対応できる部屋も随所に設けてあります。
(k.suzuki,m.gannen,k.yamashita,y.sakakura)

所在地 奈良県橿原市
構造規模 鉄筋コンクリート造 地上5階
延床面積 12,810㎡
病床数 病院240床
老健80床
竣工 2012.04
写真撮影 増田寿夫写真事務所

設計監理 / 共同建築設計事務所

copyright [サイトポリシー]