共同建築設計事務所
kyodo architects&associates
一般病院 精神科病院 保健・福祉 集合住宅 診療所 住宅 その他
#
鹿沼病院リハビリセンター
シエル

2014.04
#
千曲荘病院 南棟
2014.03
#
豊橋こころのケアセンター
2013.07
#
東北病院
2013.04
#
駒木野病院
2013.03
#
万葉クリニック
万葉テラス

2012.04
#
こころの医療センター駒ヶ根
2012.03
#
群馬精神医療センター
医療観察法病棟

2012.02
#
虹と海のホスピタル
2010.12
#
鹿沼病院
2009.12
#
田中病院
2009.06
#
関西記念病院2期
2009.01
#
鶴が丘ガーデンホスピタル
2008.08
#
あさかホスピタルD棟
2008.06
#
加賀こころの病院
2007.03
#
しのだの森ホスピタル
2007.02
#
上毛病院
2007.02
#
下館病院 B棟
2006.05
#
山梨県立北病院
2005.11
#
さっぽろ香雪病院
2004.12
#
藤田病院
2004.09
#
城山病院
2004.03
#
南浜中央病院
2003.11
#
関西記念病院
ストレスケア病棟

2003.05
#
千曲荘病院
2003.02
#
のぞみの丘ホスピタル
2002.03
#
あさかホスピタル
1999.04

東北病院

■大震災からの迅速な再生

この計画は、2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震によって全壊した精神科病院の震災復興プロジェクトです。隣接する老人保健施設(以下老健)を建設してから10余年が経過し、次は病院の建替計画を進めるための準備委員会の設立を検討し始めている時でした。

幸いにも死傷者は一人もでず、新耐震構造で損傷のなかった老健に、職員も含めて一時避難することができたそうです。その後、老健を建設した地元の建設会社の迅速な対応により、総力を挙げて集めたコンテナハウスを利用した仮設病棟が4月末に完成しました。弊社が設計者としてお声掛けいただき、現地を訪れたのはちょうどその頃です。

患者さんに一日でも早く新しい病棟で生活してもらうために設計・施工期間を最短にすることが大命題となりました。しかし、建てるからには入院患者さんが快適で安心して過ごせる環境を提供すること、そして永く地域の精神医療の核になりうる病院にする必要があります。スタッフの方々との協議を進め、工事着手したのは年の明けた1月でした。 

工事中は、震災による資材不足・職人不足のあおりをもろに受けましたが、地元ネットワークを活かした職人召集により、震災から2年後の2013年3月11日には、無事に新しい病棟での生活をしていただくことができました。

(k.tokoro , t.koga)

所在地 福島県本宮市
構造規模 鉄筋コンクリート造 地上6階
延床面積 7,976㎡
病床数 212床
竣工 2013.04
写真撮影 増田寿夫写真事務所

設計監理 / 共同建築設計事務所

copyright [サイトポリシー]