共同建築設計事務所
kyodo architects&associates
一般病院 精神科病院 保健・福祉 集合住宅 診療所 住宅 その他
#
次郎丸の里
2017.04
#
アルテミス
2016.03
#
若越ひかりの村
2016.03
#
みどりのまち親愛
2015.06
#
美しが丘テラス
2014.07
#
グループホームやまもも
2013.04
#
アルバ
2013.03
#
シエステさとの花
2013.03
#
白楽荘
2013.03
#
ホーリーツリー
2011.08
#
ヴィラ清里
2010.06
#
カーサ・ミッレ
2009.12
#
アダーズあいな
2009.01
#
市川ヒルズ
2007.08
#
愛しや
2007.01
#
グループホーム
こすもすⅡ

2007.01
#
さわやかナーシングビラ
2006.09
#
もも太郎さん笹生
2005.04
#
秩父中央病院
複合施設

2004.08
#
さわやかナーシング下呂
2004.08
#
あさかホスピタル
「パッソ」

2004.03
#
真寿園
2002.10
#
ぽー愛
2001.07
#
国際医療福祉
リハビリテーションセンター

2001.01
#
第2宰府園
やまもも

1999.08
#
松美苑
1998.03

若越ひかりの村

 昭和50年初頭に建設された知的障害者のための4つの障害者支援施設の建て替えと地域社会で生活していくための訓練の場となる就労系多機能型事業所の建設プロジェクトです。
 各支援施設は4つのユニットで構成され、15名程度に小規模化されています。ユニットは利用者にとっての「いえ」であると考えると、3棟に分かれて建設された各支援施設は利用者にとっては集落となります。各施設の中央には共用部としてのホールがあり、ユニットを超えた交流の場として、日中活動に活用されています。そして、各支援施設からアクセスしやすい位置に就労系多機能型事業所を配置し、ここには診察室やレストラン、理容室を設置することで、「いえ」から村の賑わいの場である商店街や職場へ出かけていくようなつくりになっています。
 ユニット内は、木質系の素材を多く使用したやさしい印象のインテリアとしています。平屋を中心とした配棟構成にしたメリットを生かし、天井を高く折り上げたリビングの上部の窓から差し込む光は、時の経過にあわせて動き、ゆったりと穏やかな日々を過ごせるように配慮しています。
(s.inoue , k.tokoro , k.yamashita)

所在地 福井県福井市
構造規模 鉄骨造 地上2階(A棟・D棟)
鉄骨造 地上1階(B棟・C棟)
延床面積 9,148㎡
定員 ・第一生活支援施設 C棟
 60人(生活介護) 60人(入所) 2人(短期入所)
・第二生活支援施設 B棟
 60人(生活介護) 60人(入所) 2人(短期入所)
・第三生活支援施設 A棟
 75人(生活介護) 65人(入所) 1人(短期入所)
・第四生活支援施設 A棟2階
 60人(生活介護) 60人(入所) 4人(短期入所)
竣工 2016.03
写真撮影 シー・エス・ケー  関組

設計監理 / 共同建築設計事務所

copyright [サイトポリシー]