共同建築設計事務所
kyodo architects&associates
一般病院 精神科病院 保健・福祉 集合住宅 診療所 住宅 その他
#
次郎丸の里
2017.04
#
アルテミス
2016.03
#
若越ひかりの村
2016.03
#
みどりのまち親愛
2015.06
#
美しが丘テラス
2014.07
#
グループホームやまもも
2013.04
#
アルバ
2013.03
#
シエステさとの花
2013.03
#
白楽荘
2013.03
#
ホーリーツリー
2011.08
#
ヴィラ清里
2010.06
#
カーサ・ミッレ
2009.12
#
アダーズあいな
2009.01
#
市川ヒルズ
2007.08
#
愛しや
2007.01
#
グループホーム
こすもすⅡ

2007.01
#
さわやかナーシングビラ
2006.09
#
もも太郎さん笹生
2005.04
#
秩父中央病院
複合施設

2004.08
#
さわやかナーシング下呂
2004.08
#
あさかホスピタル
「パッソ」

2004.03
#
真寿園
2002.10
#
ぽー愛
2001.07
#
国際医療福祉
リハビリテーションセンター

2001.01
#
第2宰府園
やまもも

1999.08
#
松美苑
1998.03

特別養護老人ホーム 松美苑

□個室主体の療養室
 この施設は個室を主体に構成されている。個室にすることで、ベッド等を日常生活動作のレベルに併せて自由に配置でき、また、家庭から自分の馴染んだ物を持ち込み、自分だけの空間を創り出すことが可能になる。プライバシーに配慮するとともに、「一人になれる」ことと「コミュニケーションをとる」ことの選択性を意識した。
□グループホーム的な構成
 個室群を生活にあわせて小グループ化し、生活空間と介護空間が段階的に構成されるようにした。 定員80人+ショートステイ20人の入居者は、例えば食事のような日常的な場面では20-26人程度のグループを構成する。個室を中心として居室が展開されるため、個と集団の間に段階的に人が関われる場所をしつらえ、生活と空間のスケールの関係が出来るだけ家庭的なスケールから逸脱しないように配慮した。
□地域に開かれた施設
 高齢者が住み慣れた場所を離れることのストレスを考え、地域や周辺環境に開かれた施設になるようにした。
 一番大きな空間である集会室は、中庭から直接出入りが可能で、特に地域の人との交流の場となり、北陸の長い冬の間は外部空間の代わりになる。南東に開かれた中庭へは玄関脇のゲートを入り回廊を通じて容易に入ることができ、地域と施設という小社会をつなぐ役割を持つ。1階では、中庭から各人の居室に直接アプローチすることも可能で、訪れる人に一つの家を連想させる。
□集落的な景観
 入居者が出来るだけ外部に出られること、たとえ出られなくなっても、一日の陽のうつろい、四季の変化、地域の人たちの気配等が感じられることを意図した。形態としても、水田の中に集落が点在する周辺の景色に馴染むように、内部のグループのまとまりにそのまま瓦屋根を掛け、一つの集落を形成するようにした。
 仕上げはできるだけ触感の暖かな材料を使用し、居室のグループ毎に色にバリエーションを持たせた。

第20回石川県建築賞(1999)/(社)石川県建築士会

所在地 石川県松任市
構造規模 鉄筋コンクリート造 2階
延床面積 4,949㎡
定員 100名
竣工 1998.03
写真撮影 門馬金昭写真事務所

設計監理 / 共同建築設計事務所

copyright [サイトポリシー]