共同建築設計事務所
kyodo architects&associates
一般病院 精神科病院 保健・福祉 集合住宅 診療所 住宅 その他
#
次郎丸の里
2017.04
#
アルテミス
2016.03
#
若越ひかりの村
2016.03
#
みどりのまち親愛
2015.06
#
美しが丘テラス
2014.07
#
グループホームやまもも
2013.04
#
アルバ
2013.03
#
シエステさとの花
2013.03
#
白楽荘
2013.03
#
ホーリーツリー
2011.08
#
ヴィラ清里
2010.06
#
カーサ・ミッレ
2009.12
#
アダーズあいな
2009.01
#
市川ヒルズ
2007.08
#
愛しや
2007.01
#
グループホーム
こすもすⅡ

2007.01
#
さわやかナーシングビラ
2006.09
#
もも太郎さん笹生
2005.04
#
秩父中央病院
複合施設

2004.08
#
さわやかナーシング下呂
2004.08
#
あさかホスピタル
「パッソ」

2004.03
#
真寿園
2002.10
#
ぽー愛
2001.07
#
国際医療福祉
リハビリテーションセンター

2001.01
#
第2宰府園
やまもも

1999.08
#
松美苑
1998.03

国際医療福祉リハビリテーションセンター

 重症心身障害児施設・身体障害者療護施設・身体障害者デイサービスセンターの3施設からなるこの障害児・者複合施設は、栃木県大田原市の国際医療福祉大学(IUHW)キャンパス内に建設された。

□階層構成
 本来、平屋で接地させるのが望ましい障害児・者施設ではあるが、キャンパス計画上の制約により、重層化せざるを得なかった。
 日常的に日光浴などの戸外活動が求められる「重心」を最上階に置き、トップライトを持つリビングルームや屋上緑化されたルーフガーデンで屋外的機能を代替させた。
 「重心」に比べ、入所者のアクティビティが高く、行動範囲も広い「療護」は2Fに置き、3F同様、車椅子による出入りが可能なオールフラットのルーフガーデンを東西両翼に設けている。
 1Fには施設全体の管理、供給、エントランス機能の他、医療、リハビリ訓練部門を置いている。そのリハビリ部門とのフレキシブルな相互関係が期待できる「デイサービスセンター」を隣接させた。

□生活空間
 「重心」「療護」はそれぞれのフロアにおいて3つの生活ゾーンから構成されており、各クラスターの中心にリビングルームやキッチンを持つグループホーム形式をとっている。また、2床及び4床室は、いわゆる「個室的多床室」の概念を導入し、各々のプライバシーを確保すると同時に、各ベッド廻りに必ず固有の窓、家具、照明等を設け、生活の質の向上にも配慮している。さらにそれとは対比的にリビングやデイコーナー、多目的スペースなど、小集団での活動を促すための昼間の多様な出向き先が準備されている。
(s.yasukawa)

所在地 栃木県大田原市
構造規模 鉄筋コンクリート造 地上3階
延床面積 6,279㎡
定員 重症心身障害児施設 入所50名 短期入所5名
身体障害者療護施設 入所50名 短期入所5名 ALS2名
身体障害者デイサービスセンター 15名
竣工 2001.01
写真撮影 (有)エネックス写真事務所

設計監理 / 共同建築設計事務所

copyright [サイトポリシー]