共同建築設計事務所
kyodo architects&associates
一般病院 精神科病院 保健・福祉 集合住宅 診療所 住宅 その他
#
次郎丸の里
2017.04
#
アルテミス
2016.03
#
若越ひかりの村
2016.03
#
みどりのまち親愛
2015.06
#
美しが丘テラス
2014.07
#
グループホームやまもも
2013.04
#
アルバ
2013.03
#
シエステさとの花
2013.03
#
白楽荘
2013.03
#
ホーリーツリー
2011.08
#
ヴィラ清里
2010.06
#
カーサ・ミッレ
2009.12
#
アダーズあいな
2009.01
#
市川ヒルズ
2007.08
#
愛しや
2007.01
#
グループホーム
こすもすⅡ

2007.01
#
さわやかナーシングビラ
2006.09
#
もも太郎さん笹生
2005.04
#
秩父中央病院
複合施設

2004.08
#
さわやかナーシング下呂
2004.08
#
あさかホスピタル
「パッソ」

2004.03
#
真寿園
2002.10
#
ぽー愛
2001.07
#
国際医療福祉
リハビリテーションセンター

2001.01
#
第2宰府園
やまもも

1999.08
#
松美苑
1998.03

あさかホスピタル 知的障害者デイサービスセンター 「Passo(パッソ)」

 「Passo(パッソ)」は地域で暮らす知的障害者の生活をサポートする場としてオープンした。
 デイサービスセンターでは、利用者各々のプログラムの展開に対応できる空間が必要とされ、同時に、今後確実に起こると考えられるサービスの多様化や変化(ショートステイやナイトケア、知的障害児の受け入れ、重複障害者の受け入れ等)にも対応でき、さらに、地域の住民、関連法人の職員などにもこのハードを有効に利用できることが求められた。限られたスケールの中で、これらのことを実現させるため、極力シンプルな形態、デザインとしつつ、スケールや機能の異なるいくつかの空間を用意し、目的に応じて使いこなすことができるようにした。特に、利用者がメリハリを持ちつつ穏やかに過ごすことができる様、安心してくつろげる柔らかさと自宅にいる時とは違う多少の緊張感との両面を持ち合わせたデザインを心掛けた。
 Passoでは「スヌーズレン」という感覚に訴える機能訓練を取り入れているが、日常的に肌に直接触れる素材は感触にこだわり、手に触れる家具や建具、浴室の手摺までも木質系材料であるMDFを用いている。作業室は製作活動による汚れや体を動かした時のクッション性に対応し、素足での感触が心地よい無垢のフローリング材を浮き床工法で仕上げ、食堂や階段、浴室、脱衣室には温かみのあるコルクを用いた。
 オープン後は、既に地域の中で暮らしている知的障害者、その生活を支える家族やスタッフの拠点となり、地域住民も含めた交流の場となりつつある「Passo」の環境づくりにハードという面から参加できたと思っている。(k.suzuki)

所在地 福島県郡山市
構造規模 鉄筋コンクリート造 地上3階 塔屋1階
延床面積 473㎡
定員 15名
竣工 2004.03
写真撮影 増田寿夫写真事務所

設計監理 / 共同建築設計事務所

copyright [サイトポリシー]