共同建築設計事務所
kyodo architects&associates
一般病院 精神科病院 保健・福祉 集合住宅 診療所 住宅 その他
#
次郎丸の里
2017.04
#
アルテミス
2016.03
#
若越ひかりの村
2016.03
#
みどりのまち親愛
2015.06
#
美しが丘テラス
2014.07
#
グループホームやまもも
2013.04
#
アルバ
2013.03
#
シエステさとの花
2013.03
#
白楽荘
2013.03
#
ホーリーツリー
2011.08
#
ヴィラ清里
2010.06
#
カーサ・ミッレ
2009.12
#
アダーズあいな
2009.01
#
市川ヒルズ
2007.08
#
愛しや
2007.01
#
グループホーム
こすもすⅡ

2007.01
#
さわやかナーシングビラ
2006.09
#
もも太郎さん笹生
2005.04
#
秩父中央病院
複合施設

2004.08
#
さわやかナーシング下呂
2004.08
#
あさかホスピタル
「パッソ」

2004.03
#
真寿園
2002.10
#
ぽー愛
2001.07
#
国際医療福祉
リハビリテーションセンター

2001.01
#
第2宰府園
やまもも

1999.08
#
松美苑
1998.03

介護老人福祉施設 真寿園

竣工にあたって
 1999年春、現地建て替えという形で計画がスタートしてから3年半が経ちました。
1.高齢者個人個人の生活を大切にした居心地のよい家をつくる。
2.川越の町並みを意識した楽しく活気あふれる小さな街をつくる。
 途中、敷地が菅間からここ安比奈に移っても変わらないテーマです。
 自分だけの場所が確保されるていること(個室)、家庭的な空間で安心して基本的な生活が送れること(ユニット)、そしていつでも自由に外の風に触れられること(内外の連続性)。自分の家で生活していればあたり前のことですが、そのあたり前のことに少し近づけたのではないかと思います。
そして、地域の中で共に暮らすということ。地域交流スペース、喫茶コーナー、通り抜けできる通路など施設の内外を問わず、人々が触れあえる仕掛けを用意しました。「ホームは地域と離れて存在しない」という設立理念のもと培ってきた、菅間での地域の方々との歩みを受け継ぐような場所になると確信しています。(竣工記念パンフレットより抜粋)

蔵詩句大賞 新建築部門賞(2004)/特定非営利活動法人川越蔵の会
川越都市景観デザイン賞(2004)/川越市

所在地 埼玉県川越市
構造規模 鉄筋コンクリート造 4階
延床面積 6,106㎡
定員 入居100名
ショートステイ20名
在宅介護支援センター・デイサービスセンター25名
竣工 2002.10
写真撮影 増田寿夫写真事務所

設計監理 / 共同建築設計事務所

copyright [サイトポリシー]