共同建築設計事務所
kyodo architects&associates
一般病院 精神科病院 保健・福祉 集合住宅 診療所 住宅 その他
#
次郎丸の里
2017.04
#
アルテミス
2016.03
#
若越ひかりの村
2016.03
#
みどりのまち親愛
2015.06
#
美しが丘テラス
2014.07
#
グループホームやまもも
2013.04
#
アルバ
2013.03
#
シエステさとの花
2013.03
#
白楽荘
2013.03
#
ホーリーツリー
2011.08
#
ヴィラ清里
2010.06
#
カーサ・ミッレ
2009.12
#
アダーズあいな
2009.01
#
市川ヒルズ
2007.08
#
愛しや
2007.01
#
グループホーム
こすもすⅡ

2007.01
#
さわやかナーシングビラ
2006.09
#
もも太郎さん笹生
2005.04
#
秩父中央病院
複合施設

2004.08
#
さわやかナーシング下呂
2004.08
#
あさかホスピタル
「パッソ」

2004.03
#
真寿園
2002.10
#
ぽー愛
2001.07
#
国際医療福祉
リハビリテーションセンター

2001.01
#
第2宰府園
やまもも

1999.08
#
松美苑
1998.03

さわやかナーシング下呂

 山あいのなだらかな南傾斜を持つ敷地と田園風景は、設計するものにとって創作意欲を強くかき立てられるものであった。点在する住宅などの建物は低層で、周辺の緑と山々の中で、見事に馴染みつつも存在感がある。6,000㎡にも及ぶ今回の施設は、これらの住宅とは明らかにスケールが馴染まない。段状の敷地形状を最大限利用して、外観上2層を越える高さをつくらないこと、建物を小さなユニットに分解しながら、住宅のスケール感を出来るだけ逸脱しないことを基本姿勢として、建物を構成した。 個室ばかりで構成されるその小さなユニットを外部的な廊下でつなぎ、地域を含めた外部を取り込み、そこに様々な居場所を用意した。
 これまで出来ていたことが出来なくなり、介助者の助けなくしては生きることが困難になってしまったお年寄りに、残された能力を最大限に引き出しながら、いきいきと生活していただくために、出来るだけプライバシーに気を使いつつも、人の顔が見え、地域の中で暮らしていることを実感できるような建築とした。(k.suzuki)

所在地 岐阜県下呂市
構造規模 鉄筋コンクリート造 地下1階 地上2階
延床面積 5,382㎡
定員 小規模生活単位型特別養護老人ホーム 80名
小規模生活単位型老人ショートステイ 20名
老人デイサービスセンター 30名
竣工 2004.08
写真撮影 増田寿夫写真事務所

設計監理 / 共同建築設計事務所

copyright [サイトポリシー]