共同建築設計事務所
kyodo architects&associates
一般病院 精神科病院 保健・福祉 集合住宅 診療所 住宅 その他
#
次郎丸の里
2017.04
#
アルテミス
2016.03
#
若越ひかりの村
2016.03
#
みどりのまち親愛
2015.06
#
美しが丘テラス
2014.07
#
グループホームやまもも
2013.04
#
アルバ
2013.03
#
シエステさとの花
2013.03
#
白楽荘
2013.03
#
ホーリーツリー
2011.08
#
ヴィラ清里
2010.06
#
カーサ・ミッレ
2009.12
#
アダーズあいな
2009.01
#
市川ヒルズ
2007.08
#
愛しや
2007.01
#
グループホーム
こすもすⅡ

2007.01
#
さわやかナーシングビラ
2006.09
#
もも太郎さん笹生
2005.04
#
秩父中央病院
複合施設

2004.08
#
さわやかナーシング下呂
2004.08
#
あさかホスピタル
「パッソ」

2004.03
#
真寿園
2002.10
#
ぽー愛
2001.07
#
国際医療福祉
リハビリテーションセンター

2001.01
#
第2宰府園
やまもも

1999.08
#
松美苑
1998.03

さわやかナーシングビラ

 4床室を中心とした既存特別養護老人ホーム(96床)へのユニット型60床(内10床はショートステイ)の増築は、当初別棟で計画が進んでいた。しかし、1つの施設である以上厨房や事務機能が離れていることの弊害も多く、結果的に前面の芝生広場への増築となった。長くさわやかナーシングビラのシンボルであった芝生広場の記憶を残すように半屋外的用途として使えるエントランスホールを設け広場に一体化させた。玄関を別々に持つユニットには2ユニットの中心にスタッフの拠点を置き、家庭的雰囲気を大事にしながらも効率的な介護が出来るよう配慮している。折しも計画途中に介護保険制度改正がありユニットケアにあっても入居者の重介護化は避けられない中、居室においては部屋の形を正方形に近くしベッド配置の自由度を高くする、2方からアプローチできる便所の提案など細部に入居者の自立を助ける工夫を施している。
 ユニットケアの居室が加わることにより、このビラには利用者の方々に様々な選択肢が用意された。これを最大限利用して高齢者の方々が施設に入られても生き生きと自分らしい生活が続けられることを期待している。(k.suzuki , y.takahashi)

所在地 岐阜県美濃加茂市
構造規模 鉄筋コンクリート造 地上3階
延床面積 3,039㎡ (全体10,596㎡)
定員 一般入居 50名
ショートステイ 10名
竣工 2006.09
写真撮影 増田寿夫写真事務所

設計監理 / 共同建築設計事務所

copyright [サイトポリシー]