共同建築設計事務所
kyodo architects&associates
一般病院 精神科病院 保健・福祉 集合住宅 診療所 住宅 その他
#
次郎丸の里
2017.04
#
アルテミス
2016.03
#
若越ひかりの村
2016.03
#
みどりのまち親愛
2015.06
#
美しが丘テラス
2014.07
#
グループホームやまもも
2013.04
#
アルバ
2013.03
#
シエステさとの花
2013.03
#
白楽荘
2013.03
#
ホーリーツリー
2011.08
#
ヴィラ清里
2010.06
#
カーサ・ミッレ
2009.12
#
アダーズあいな
2009.01
#
市川ヒルズ
2007.08
#
愛しや
2007.01
#
グループホーム
こすもすⅡ

2007.01
#
さわやかナーシングビラ
2006.09
#
もも太郎さん笹生
2005.04
#
秩父中央病院
複合施設

2004.08
#
さわやかナーシング下呂
2004.08
#
あさかホスピタル
「パッソ」

2004.03
#
真寿園
2002.10
#
ぽー愛
2001.07
#
国際医療福祉
リハビリテーションセンター

2001.01
#
第2宰府園
やまもも

1999.08
#
松美苑
1998.03

高齢者総合福祉施設 愛しや

 芦屋市南端、潮の香りのする運河沿いに建つ180名のお年寄りの住まいである。揺れ動く介護システムを背景に、将来特養の基準があいまいになっても、介護を必要とする高齢者が住み続けることができる家を模索した。
 特養ではユニット型個室基準により、居室はゆとりある空間を提供できるが、それだけに没個性的になりやすく、目も届きにくい問題がある。ここでは、各居室を一件の家と見立て町屋風に配置し、入り口側を全面的に開放できる建具とすることで、路地(ユニット内共用部分)に対して濃密なコミュニケーションが発生する仕掛けとしている。
 絶好のロケーションを活かしつつ、大規模施設にありがちな威圧感を消すために、徐々にスケールダウンしていく構成とし、内外デザインともきめの細かい配慮を心がた。
(k.suzuki , k.yamashita)

所在地 兵庫県芦屋市
構造規模 鉄筋コンクリート造 地上5階
延床面積 8,379㎡
定員 特養       80名
ショートステイ  20名
老健       80名
デイケア     30名
竣工 2007.01
写真撮影 増田寿夫写真事務所

設計監理 / 共同建築設計事務所

copyright [サイトポリシー]