共同建築設計事務所
kyodo architects&associates
一般病院 精神科病院 保健・福祉 集合住宅 診療所 住宅 その他
#
次郎丸の里
2017.04
#
アルテミス
2016.03
#
若越ひかりの村
2016.03
#
みどりのまち親愛
2015.06
#
美しが丘テラス
2014.07
#
グループホームやまもも
2013.04
#
アルバ
2013.03
#
シエステさとの花
2013.03
#
白楽荘
2013.03
#
ホーリーツリー
2011.08
#
ヴィラ清里
2010.06
#
カーサ・ミッレ
2009.12
#
アダーズあいな
2009.01
#
市川ヒルズ
2007.08
#
愛しや
2007.01
#
グループホーム
こすもすⅡ

2007.01
#
さわやかナーシングビラ
2006.09
#
もも太郎さん笹生
2005.04
#
秩父中央病院
複合施設

2004.08
#
さわやかナーシング下呂
2004.08
#
あさかホスピタル
「パッソ」

2004.03
#
真寿園
2002.10
#
ぽー愛
2001.07
#
国際医療福祉
リハビリテーションセンター

2001.01
#
第2宰府園
やまもも

1999.08
#
松美苑
1998.03

有料老人ホーム ヴィラ清里

ヴィラ清里は、精神科を中心とした病院を運営されている医療法人が地域福祉を支える取組みとして開設された介護付有料老人ホームです。超高齢化社会が進行する現在、今回計画では群馬という地域性に配慮しつつも「高齢者の方の住まい、暮らし」についての本質は何かを議論し追究する機会を頂きました。
 介護を必要とする高齢者施設において、特にプライバシーが重視されるあまり、施設単体で機能が完結することに加え、個室化された居室内で時に入居者がこもりがちになりコミュニケーションの機会が限定されていないかと疑問を感じていました。このホームは自立の方、介護の必要な方のいずれも入居することができ、「新しい生活を楽しむことができる共助空間」として建築的な仕掛けを盛り込みました。地域の中での生活感を継続しながら、安心して暮らせる場としての住まいをめざしました。
 今後、入居者のコミュニティやサークルがスタッフや地域の方々に支えてもらいながら輪を広げ、社会と繋がりを持つことで生き生きとした生活を営んでいけるような住まいとなっていくことを願っています。
(k.suzuki , c.kojima)

所在地 群馬県前橋市
構造規模 鉄筋コンクリート造 地上3階
延床面積 2,704㎡
定員 入居 50名
竣工 2010.06
写真撮影 増田寿夫写真事務所

設計監理 / 共同建築設計事務所

copyright [サイトポリシー]