共同建築設計事務所
kyodo architects&associates
一般病院 精神科病院 保健・福祉 集合住宅 診療所 住宅 その他
#
カーサ・コリーナ
2017.09
#
次郎丸の里
2017.04
#
アルテミス
2016.03
#
若越ひかりの村
2016.03
#
みどりのまち親愛
2015.06
#
美しが丘テラス
2014.07
#
ケアホームやまもも
2013.04
#
アルバ
2013.03
#
シエステさとの花
2013.03
#
白楽荘
2013.03
#
障害者支援施設
ホーリーツリー

2011.08
#
ヴィラ清里
2010.06
#
カーサ・ミッレ
2009.12
#
アダーズあいな
2009.01
#
市川ヒルズ
2007.08
#
愛しや
2007.01
#
グループホーム
こすもすⅡ

2007.01
#
さわやかナーシングビラ
2006.09
#
もも太郎さん笹生
2005.04
#
秩父中央病院複合施設
2004.08
#
さわやかナーシング下呂
2004.08
#
パッソ
2004.03
#
真寿園
2002.10
#
ぽー愛
2001.07
#
国際医療福祉
リハビリテーションセンター

2001.01
#
障害福祉サービス事業所
やまもも

1999.08
#
松美苑
1998.03

特別養護老人ホーム カーサ・コリーナ

 福島県本宮市の豊かな自然の中に建つ70床の特別養護老人ホームにユニット型40床を別棟として増築した計画です。
 この敷地では、施主の母体であるあさかホスピタルグループが、医療や介護、福祉の枠組みを越えて共同する、「共生事業チルコロ」という活動を展開しています。世代や障害の有無に関係なく様々な人が自然の中で農業や食を通して、学ぶ、遊ぶ、働くといった多様な活動を行っています。
 その中に建つ施設として、様々な活動を身近に感じ、豊かな自然に包まれ穏かに暮らすことのできる環境をつくることが課題となりました。
 そこで、日頃ウマやヤギが草を食むために放牧される調整池の斜面に沿う形で木造2階建(準耐火)の建物を配置しました。2層になる建物を1層分沈ませ、勾配屋根の軒先高さを抑えることで、圧迫感を軽減させ平屋の既存建物となじみを良くし、建物の平面形態に少し角度をつけることで、地形との一体感を図り、この土地に相応しい温かみのある建築・空間を実現することが出来ました。
 また、厳しい寒さとなるこの地域の木造建築の熱環境対策として、十分な断熱とEHPによる24時間床下暖房を1階床下に組み、穏かでストレスのない環境を作り出しました。
(k.suzuki , a.yamada , j.oyama)

建築主 社会福祉法人 安積福祉会
所在地 福島県本宮市
施設内容 特別養護老人ホーム
構造規模 木造 地上2階
延床面積 1,525㎡
定員 40名
竣工 2017.09
写真撮影 朝日カラー

copyright [サイトポリシー]