共同建築設計事務所
kyodo architects&associates
一般病院 精神科病院 保健・福祉 集合住宅 診療所 住宅 その他
#
鳩が丘
2019.03
#
山田病院 付属棟
2019.03
#
カーサ・ヴェッキオ
2018.12
#
日赤鶯鳴荘
2018.06
#
ももとせ
2018.02
#
はなみずき
2018.01
#
カーサ・コリーナ
2017.09
#
次郎丸の里
2017.04
#
アルテミス
2016.03
#
若越ひかりの村
2016.03
#
みどりのまち親愛
2015.06
#
美しが丘テラス
2014.07
#
ケアホームやまもも
2013.04
#
アルバ
2013.03
#
シエステさとの花
2013.03
#
白楽荘
2013.03
#
障害者支援施設
ホーリーツリー

2011.08
#
ヴィラ清里
2010.06
#
カーサ・ミッレ
2009.12
#
アダーズあいな
2009.01
#
市川ヒルズ
2007.08
#
愛しや
2007.01
#
グループホーム
こすもすⅡ

2007.01
#
さわやかナーシングビラ
2006.09
#
もも太郎さん笹生
2005.04
#
秩父中央病院複合施設
2004.08
#
さわやかナーシング下呂
2004.08
#
パッソ
2004.03
#
真寿園
2002.10
#
ぽー愛
2001.07
#
国際医療福祉
リハビリテーションセンター

2001.01
#
障害福祉サービス事業所
やまもも

1999.08
#
松美苑
1998.03

小規模多機能ホーム ももとせ

 クリニックとデイサービスセンターに隣接する土地に、小規模多機能型施設と地域交流スペースを併設した建物です。隣接する既存クリニックとデイサービスとの連続性をもちつつ、高齢者だけでなく子供や母親など、地域の人が気軽に集まれる場所を提供することを求められました。
 地域交流スペースは、誰でも気軽に立ち寄れる空間として、わかりやすさと入りやすさに配慮した配置とし、アプローチ側には開放的な土間空間、その奥には小上がりを持つステージとしても活用できるフローリング空間を設えました。小規模多機能型ホームとの境になる壁面には、視線の通る大きな本棚を設け、こどもの遊びスペースとホームが一体となるような工夫をしています。
 小規模多機能ホームは、キッチンを囲むようにリビングを配置することで、スタッフと利用者の双方の交流を促しています。
 リビングは勾配屋根を活かし斜め天井とすることで、天井から明るい自然光を取り込みました。
(y.takahashi , m.takamine)

建築主 医療法人娯生会
所在地 埼玉県比企郡小川町
施設内容 小規模多機能型施設
構造規模 木造 地上1階
延床面積 321㎡
定員 登録29名 宿泊9名まで
竣工 2018.02
写真撮影 千葉顕弥

copyright [サイトポリシー]