共同建築設計事務所
kyodo architects&associates
一般病院 精神科病院 保健・福祉 集合住宅 診療所 住宅 その他
#
鳩が丘
2019.03
#
山田病院 付属棟
2019.03
#
カーサ・ヴェッキオ
2018.12
#
日赤鶯鳴荘
2018.06
#
ももとせ
2018.02
#
はなみずき
2018.01
#
カーサ・コリーナ
2017.09
#
次郎丸の里
2017.04
#
アルテミス
2016.03
#
若越ひかりの村
2016.03
#
みどりのまち親愛
2015.06
#
美しが丘テラス
2014.07
#
ケアホームやまもも
2013.04
#
アルバ
2013.03
#
シエステさとの花
2013.03
#
白楽荘
2013.03
#
障害者支援施設
ホーリーツリー

2011.08
#
ヴィラ清里
2010.06
#
カーサ・ミッレ
2009.12
#
アダーズあいな
2009.01
#
市川ヒルズ
2007.08
#
愛しや
2007.01
#
グループホーム
こすもすⅡ

2007.01
#
さわやかナーシングビラ
2006.09
#
もも太郎さん笹生
2005.04
#
秩父中央病院複合施設
2004.08
#
さわやかナーシング下呂
2004.08
#
パッソ
2004.03
#
真寿園
2002.10
#
ぽー愛
2001.07
#
国際医療福祉
リハビリテーションセンター

2001.01
#
障害福祉サービス事業所
やまもも

1999.08
#
松美苑
1998.03

特別養護老人ホーム 日赤鶯鳴荘

 地域から離れた環境に建っていた既存ホームを小さな集落に隣接した人里に戻し、地域と共に暮らす施設として移転新築した計画です。15,000㎡もの広さの敷地を活かし、2階建てのユニット=家が大地に大らかに広がるようなレイアウトを採用しました。冬が長く厳しい地域のため、外部に出なくとも四季の変化、地域の人たちの営みを感じられるよう、各ユニットのリビングは外部を大きく望めるような配置としました。
 建物の中心である地域交流ホールに各ユニットの玄関、事務室、相談室、喫茶コーナー、理美容室、機能回復訓練室、医務室などが面する配置は、利用者の家族や地域住民だれもが気軽に立ち寄れる街の一部のようなつくりを意図したものです。  
 各ユニットは、個室を3室程度のまとまりで配置することにより、スタッフの見守りがしやすく、入居者にとってはプライバシーを確保しつつも人の顔が見え、かつ地域の中で暮らしていることが実感できる家を実現しています。
 デイサービスの活動室は、利用者の多様な活動に対応できるよう、いくつかの空間に分けられるよう設えました。 
 高齢化の進む地域の中で、利用者・家族・スタッフそして地域住民にとっても安心できる拠り所となる建築を目指しました。
(y.takahashi , t.sone)

建築主 日本十字社
所在地 岩手県岩手郡雫石町
施設内容 特別養護老人ホーム
構造規模 鉄骨造 地上2階
延床面積 4,304㎡
定員 90名(ショートステイ10名含む)+デイサービスセンター18名
竣工 2018.06
写真撮影 アカマフォトスタジオ

copyright [サイトポリシー]