共同建築設計事務所
kyodo architects&associates
一般病院 精神科病院 保健・福祉 集合住宅 診療所 住宅 その他
#
次郎丸の里
2017.04
#
アルテミス
2016.03
#
若越ひかりの村
2016.03
#
みどりのまち親愛
2015.06
#
美しが丘テラス
2014.07
#
グループホームやまもも
2013.04
#
アルバ
2013.03
#
シエステさとの花
2013.03
#
白楽荘
2013.03
#
ホーリーツリー
2011.08
#
ヴィラ清里
2010.06
#
カーサ・ミッレ
2009.12
#
アダーズあいな
2009.01
#
市川ヒルズ
2007.08
#
愛しや
2007.01
#
グループホーム
こすもすⅡ

2007.01
#
さわやかナーシングビラ
2006.09
#
もも太郎さん笹生
2005.04
#
秩父中央病院
複合施設

2004.08
#
さわやかナーシング下呂
2004.08
#
あさかホスピタル
「パッソ」

2004.03
#
真寿園
2002.10
#
ぽー愛
2001.07
#
国際医療福祉
リハビリテーションセンター

2001.01
#
第2宰府園
やまもも

1999.08
#
松美苑
1998.03

特別養護老人ホーム みどりのまち親愛

 長年障がい者の福祉に尽力されてきた法人により計画された、障がいのある方を含めた高齢者の方々がともに暮らすユニット型特別養護老人ホームです。
 計画地は武蔵野台地に位置し、かつては林を利用し畑を耕作して生活を営むという民家の暮らしがあった場所で、新しい宅地化が進む今もその名残である落葉樹の雑木林と畑が地域の風景を作っています。畑の中央に残された二本の巨大なしだれ桜を生かし、「みどりのまち」の象徴となる開放的な中庭を中心とする配置計画としました。建物を2層の高さに抑え、一部勾配屋根とし、壁面を分節して小さなスケールを積み重ねたような構成とし周辺の家並みとの調和を図っています。
 居住の中心となるユニット部分は、それぞれを「いえ」と捉え、利用者と顔なじみのスタッフで豊かに暮らすための空間を追求しました。リビングとダイニングは光の入り方の異なる独立したスペースでありながら緩やかにつながり、入居者が全員で集まることも、各々が落ち着いて過ごすこともできるようにしました。
 一方ユニット外は皆さんが集う「まち」として、街中でイベントが行われているような賑わいを感じられる空間を目指しました。エントランスホールを中心に隣接する会議室や職員食堂もホールに向かってオープンになり、さらに外部にも大きく開くことで中庭や周辺の緑と一体となって季節や天気の変化も楽しめるようにしています。
 障がいをもつ方への配慮は、身体的には大きく変わらないとのことから基本的な設えを変えず、囲まれた屋外テラスなどで余暇を過ごして頂きやすい環境を調えました。スタッフの一員として障がい者の方の雇用も想定しており、活動の場としてもこの「まち」としての空間が機能します。入居者だけでなくスタッフも家族の方も近隣の方もみな含めた地域交流の場として、この「まち」が発展することを願っています。
(k.suzuki , c.kojima , m.sakamoto)

所在地 埼玉県川越市
構造規模 鉄筋コンクリート造一部鉄骨造 地上2階
延床面積 4,977㎡
定員 入所100名
(ユニット90名、ショートステイ10名)
デイサービス30名
竣工 2015.06
写真撮影 アック東京

設計監理 / 共同建築設計事務所

copyright [サイトポリシー]