共同建築設計事務所
kyodo architects&associates
一般病院 精神科病院 保健・福祉 集合住宅 診療所 住宅 その他
#
次郎丸の里
2017.04
#
アルテミス
2016.03
#
若越ひかりの村
2016.03
#
みどりのまち親愛
2015.06
#
美しが丘テラス
2014.07
#
グループホームやまもも
2013.04
#
アルバ
2013.03
#
シエステさとの花
2013.03
#
白楽荘
2013.03
#
ホーリーツリー
2011.08
#
ヴィラ清里
2010.06
#
カーサ・ミッレ
2009.12
#
アダーズあいな
2009.01
#
市川ヒルズ
2007.08
#
愛しや
2007.01
#
グループホーム
こすもすⅡ

2007.01
#
さわやかナーシングビラ
2006.09
#
もも太郎さん笹生
2005.04
#
秩父中央病院
複合施設

2004.08
#
さわやかナーシング下呂
2004.08
#
あさかホスピタル
「パッソ」

2004.03
#
真寿園
2002.10
#
ぽー愛
2001.07
#
国際医療福祉
リハビリテーションセンター

2001.01
#
第2宰府園
やまもも

1999.08
#
松美苑
1998.03

美しが丘テラス

 美しが丘テラスは、高齢者単身・夫婦世帯の増加、高齢者住宅の不足等を背景として、新たに整備されたサービス付き高齢者向け住宅を2階から4階に、デイサービスセンター等の地域の高齢者を支える機能を1階に併せ持ち、そこに住まう高齢者だけでなく、この地域の高齢者が住み慣れた場所で生活し続けることの出来る環境の提供を目的としています。
 2階を介護型住戸とし、介護可能なベッド配置に対応した、コンパクトな住戸とすることで、十分な廊下幅を確保し、皆で集まれる広々としたリビングダイニングを設けました。
 3・4階は自立型住戸とし、キッチンを設け住戸内で生活が完結できる一方、食堂やカラオケルーム、パーティールームなどの小さな部屋を分散させ入居者同士のコミュニケーションを促します。高齢者集合住宅としての機能と個別性を確保しながらも、入居者の状態に合わせた多くの共用空間を創出することで、豊かな暮らしを送ることの出来る建築としています。
 低層部には、様々なイベントが行えるシェアードスペース、地域の人々に貸出可能な地域交流スペース、カフェなどを設けることで、地域と繋がり、親しみやすい建物となることを目指しました。

(k.suzuki , y.takahashi , j.oyama)

所在地 北海道札幌市
構造規模 鉄筋コンクリート造 地上4階
延床面積 4,057㎡
住戸数 45戸
用途サービス付き高齢者向け住宅、居宅介護支援事業所、デイサービスセンター、小規模多機能型居宅介護事業所、訪問看護事業所、カフェ
竣工 2014.07
写真撮影 やまだ商会

設計監理 / 共同建築設計事務所

copyright [サイトポリシー]