共同建築設計事務所
kyodo architects&associates
一般病院 精神科病院 保健・福祉 集合住宅 診療所 住宅 その他
#
自靖会 親水クリニック
2014.07
#
神戸こども
初期急病センター

2010.11
#
ツジ胃腸内科
ケアハウス
コスモス21

2008.10
#
くずはストレスケアクリニック
2008.07
#
うねびやまクリニック
2005.08
#
鈴の木こどもクリニック
2005.02
#
しもだてメディカルポート
2005.01
#
さくまメンタルクリニック
2004.11
#
高村メディカルクリニック
2004.06
#
たかた心療クリニック
2002.10
#
ジェームス山
山下診療所

2000.04

神戸こども初期急病センター

 持続可能な小児救急医療体制の確立と、市民が安心して子育てができる街を目指し、急病の子ども達を夜間、休日365日受け入れる初期救急拠点として、『神戸こども初期急病センター』が、HAT神戸(神戸市東部新都心)にオープンしました。
 訪れる急病の子どもたちのほとんどは、このセンターで診療を受けて自宅に帰りますが、入院が必要な子どもなどは、後送の2次、3次病院に確実に向かうことができます。オープンしてから、西は明石市から、東は芦屋市からもセンターに訪れているようです。
 子どもたちとその家族が安心して訪れることができる環境づくりをめざしました。スタッフが効率よく安心して働くことができれば子どもたちや家族にゆったりと接していただけると考え、スタッフ動線を明確に分けました。ゆったりとした待合ホールを中心に受付から診察、検査、処置、投薬、会計といった一連の流れがスムーズに流れるよう、待合から全てが見通せる配置としました。
 HAT神戸の海辺に立つに相応しいデザインを心掛けました。広く市民に開かれ、訪れる子どもや家族をやさしく受け止める象徴として、緩やかな曲線のキャノピーが建物を包み込むようにしています。
 海の波やそよ風のように柔らかい勾配屋根とヨットの帆をイメージしたオフホワイトの外壁がどこからも見え、建物にリズム感を与え、訪れる子どもたちやその家族が元気になって帰っていく姿をイメージできる軽快なデザインとしています。
(m.gannen)

所在地 兵庫県神戸市
施設内容 診療所
構造規模 鉄筋コンクリート造 地上2階
延床面積 1,274㎡
竣工 2010.11
写真撮影 神戸市小児救急医療事業団

設計監理 / 共同建築設計事務所

copyright [サイトポリシー]