共同建築設計事務所
kyodo architects&associates
一般病院 精神科病院 保健・福祉 集合住宅 診療所 住宅 その他
#
どんぐり保育園
2017.03
#
(株)河北仙販 八木山支店
2016.10
#
若越ひかりの村
2016.03
#
イルチェントロ
2014.07
#
ゆうあいリハビリクリニック
2014.05
#
日比谷高校体育館
2012.01
#
にじのもりほいくえん
2011.09
#
垂井薬局
2007.05
#
あじさい子育て支援センター
ハイツヒポクラテス

2007.03
#
練馬区保健所
関保健相談所

2005.05
#
京都看護助産学校
2003.10
#
ライオンズスクエアビル
1998.10
#
ヤマノ24ビル
1998.01

京都看護助産学校

 京都にある国立附属看護学校3校を統合し、京都医療センターの附属看護助産学校の一部校舎を生かしつつ、大型校として再構築したプロジェクト。未来の医療分野を担う、若く希望にあふれる学生にとって、感性豊かに充実した学生生活を過ごす場にふさわしい空間となることを目指した。
 学習の場は、柔軟なカリキュラムを組みやすい教室配置としているが、同時に、学生の憩える空間、授業の合間を楽しく過ごせる空間を屋内・屋外の様々なところに配置している。何気なく過ごす中でも一日の変化や季節の移り変わりが自然と感じ取られるような「場」を、京都という地域性を感じ取れる素材を建築やアートワークに織り込みつつ、それらの空間に設えている。知識・技術の習得は無論、仲間との語らいや、この学校での出来事をより印象的な背景とともに思い出として感じてもらうことで、将来、感慨深い思い出のひとコマになることを期待したい。
 建物の特徴としては、意匠・規模のまったく異なる既存建物3棟(助産学校棟、宿舎、体育館)の隙間を縫うように増築ボリュームを組み込み、最小限の外装リニューアルによって、全体としてまとまりのあるキャンパスとして再構築をしている。
 増築学校棟は、意図的に既存建物から25度振った軸線を織り込むことで、既存教室との間に開けた中庭を設け、各教室との緩衝帯として機能させつつ、直交しない視線の抜け方を利用した開放的な学生の憩いの場を設けている。また、学生の主要動線である階段にゆとりを持たせ、季節や時間とともに表情を変える仕掛けを組み込んでいる。
 図書棟は、無表情だった体育館の側面を覆う形で、新しい学校のファサードとして構築している。1階は、学生の賑わいが前面に出る学生食堂を配し、その奥のやや落ち着いた場所に、3校統合されることになった書籍を収蔵する図書室を配置している。(k.yamashita)

所在地 京都府京都市
構造規模 鉄筋コンクリート造 4階
延床面積 増築3,782㎡ 改修2,022㎡
(学校全体5,804㎡)
定員 看護師科240名 助産師科40名
竣工 2003.10
写真撮影 増田寿夫写真事務所

設計監理 / 共同建築設計事務所

copyright [サイトポリシー]