共同建築設計事務所
kyodo architects&associates
一般病院 精神科病院 保健・福祉 集合住宅 診療所 住宅 その他
#
どんぐり保育園
2017.03
#
(株)河北仙販 八木山支店
2016.10
#
若越ひかりの村
2016.03
#
イルチェントロ
2014.07
#
ゆうあいリハビリクリニック
2014.05
#
日比谷高校体育館
2012.01
#
にじのもりほいくえん
2011.09
#
垂井薬局
2007.05
#
あじさい子育て支援センター
ハイツヒポクラテス

2007.03
#
練馬区保健所
関保健相談所

2005.05
#
京都看護助産学校
2003.10
#
ライオンズスクエアビル
1998.10
#
ヤマノ24ビル
1998.01

都立日比谷高等学校体育館

 築後30年近くたった建物の全面改修において、体育館を増築する形でステージを増設するとともに、既存体育館の内外装及び設備機器の全面的な改修工事を行いました。
 既存体育館は格技棟も一体となった4階建ての建物であり、4階部分に体育館があることから、増築棟も必然的に4階建てとなりました。ステージ設置のため、増築部分にあたる端部の柱梁を撤去し、耐震診断の上耐震補強工事も同時におこないました。下階部分の利用にあたっては、学校全体の機能強化を図るべく、既存部分も含めて全面的に階層構成の検討を行った結果、体育教官室と剣道場の移設や男女更衣室の増設、エントランスホールの新設をしています。
 エントランスホールは、増築部分に以前建っていた講堂のモチーフをインテリアに取り入れるとともに、講堂で実際に使用されていたシャンデリアをオーバーホールして再利用し、講堂の歴史が記憶にとどまるようにしました。また、白と木材の素地色を基調とし、高校生らしく、明るく清潔感のある内装となるように計画しました。
 仕上げ材を既存体育館とあわせて一体感をもたせつつ、眺望に恵まれた高台に面した東面を、講堂をイメージしたシンメトリーなファサードデザインとすることで、伝統校としての重厚感のある落ち着いた外観となっています。
(k.tokoro , d.hino)

所在地 東京都千代田区
施設内容 高等学校体育館
構造規模 鉄筋コンクリート構造 一部鉄骨造
延床面積 1,483㎡(増築部)
3,221㎡(改修部)
竣工 2012.01
写真撮影 (株)そあスタジオ 門馬金昭写真事務所

設計監理 / 共同建築設計事務所

copyright [サイトポリシー]