大阪府南西部、大阪中心部と関西空港の中間部に位置した高石市にある精神科病院です。

1930年に開院され、地域の精神科医療の基幹病院となっています。敷地はベッドタウンの閑静な住宅街の中にあり、敷地南側には桜の見事な公園に面しています。長年の施設整備によって敷地いっぱいに既存棟が建って一度に建替が出来ない為、病院運用を継続しながら3期に渡り全面建替を行う事としました。

2015年に着工し、2016年にⅠ期「はなみずき」棟、2018年にⅡ期「けやき」棟そして2020年8月にⅢ期「さくら」棟が竣工しました。既存建物解体と外構・アプローチ整備を進め、2021年秋にグランドオープンを向かえる予定です。誰もが心を休めに立ち寄れる「地域に開かれた森の病院」として、木の素材に包まれ、公園の緑も取り込んだ豊かな治療環境となるよう計画しました。

病棟は全体が見渡せるオープンカウンタ―のスタッフステーションを中心に、公園や山並みを望む食堂や談話スペースを設け、敷地の制約を感じさせない開放感のある構成としています。様々な症状の患者にも対応できる病床ゾーニングや個別化、さくら病棟には個室率50%・60床の精神科救急病棟を新たに設け、機能の充実化を図りました。