共同建築設計事務所
kyodo architects&associates
一般病院 精神科病院 保健・福祉 集合住宅 診療所 住宅 その他
#
次郎丸の里
2017.04
#
アルテミス
2016.03
#
若越ひかりの村
2016.03
#
みどりのまち親愛
2015.06
#
美しが丘テラス
2014.07
#
グループホームやまもも
2013.04
#
アルバ
2013.03
#
シエステさとの花
2013.03
#
白楽荘
2013.03
#
ホーリーツリー
2011.08
#
ヴィラ清里
2010.06
#
カーサ・ミッレ
2009.12
#
アダーズあいな
2009.01
#
市川ヒルズ
2007.08
#
愛しや
2007.01
#
グループホーム
こすもすⅡ

2007.01
#
さわやかナーシングビラ
2006.09
#
もも太郎さん笹生
2005.04
#
秩父中央病院
複合施設

2004.08
#
さわやかナーシング下呂
2004.08
#
あさかホスピタル
「パッソ」

2004.03
#
真寿園
2002.10
#
ぽー愛
2001.07
#
国際医療福祉
リハビリテーションセンター

2001.01
#
第2宰府園
やまもも

1999.08
#
松美苑
1998.03

総合児童発達支援センター アルバ

 福島県郡山市にある知的障がい児施設安積愛育園は、東日本大震災で2棟ある建物のうち1棟が全壊の判定を受け、知的障がいを持つ子供たちは仮設建物での生活を余儀なくされ、建替えが急務となりました。敷地内での移転新築の計画が進み、入所機能だけでなく通所、相談機能を併せた「総合児童発達支援センターアルバ」として新たにスタートをしました。

 地域で暮らす知的障がいを持つお子さんや家族の拠り所となり、訪れやすい場となることを目指しました。相談部門、通所部門、ショートステイ、入所部門それぞれの勾配屋根が連なりアルバという一つの施設を形作っていますが、そのどこからでもアプローチできることを意識しました。

 構造体は日本の多くの家と同じく木造とし、どこにいても子供たちが木のぬくもりを目で見て、肌で感じられるようにしました。

 子供たちが安全にのびのびと活動できるよう内外に多様なスペースを用意しました。各ユニットにはリビングと専用テラスを連続させ、日常的に子供たちが遊べる囲われた庭へとつながっています。また、5つのユニットに囲まれて生まれた「ひだまりひろば」は安定した外部空間となり、ユニットをつなぐ廊下と一体になって広がります。エントランス前の舗装された広場は、ロータリーとしても利用しますが、子供たちの遊び場やイベントの会場としての利用もでき、地域との接点としてふさわしいスペースとしました。

(k.suzuki , a.yamada , n.harada)

所在地 福島県郡山市
構造規模 木造 平屋建
延床面積 1,825㎡
定員 児童入所 30名 短期入所 8名 通所 10名×2
竣工 2013.03
写真撮影 増田寿夫写真事務所

設計監理 / 共同建築設計事務所

copyright [サイトポリシー]